ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

力の抜き方 1

 最近の記事ですが、実は脱力について書いてます。
  
・パターで親指を強くグリップしない

・合掌上げ

・屈筋を使わないで伸筋で振る


これらは同じ事です。パターもショットも同じです。

また、球をしっかり捕まえる為にはローテーションが不可欠です。

インパクトでしっかりローテーションをする為に

最も重要なことは何でしょうか

・手首の完全脱力です。

手首の完全脱力以上の角加速度のアップは不可能です。

もちろんタメてインパクトでのローテーションの加速を

誘発する準備はありますが、

インパクトの瞬間は脱力にかなうスピードは有り得ません。


 親指が屈筋と繋がっていますよね。

親指を緩めれば屈筋は緩みます。

さらに小指のグリップも緩めると

伸筋を使っていても、手首は完全脱力されます。

最低限の力でも強いインパクトは可能なのです。


 結局、インパクトは逆にグリップを緩め、

伸筋だけを、グリップを低く・近く引き付ける為に使います。


手首を柔らかくして一気にヘッドが走るイメージを持ちます。

 ヒッカケを避ける為に、ローテーションを少し減らして

フェードを打ちたい時は自然に左小指が多少強めになります。

 結局、右手グリップはもともと薬指と中指を引っ掛けるだけなので、

緩めると言っても両親指と左手小指だけの話なのですが。

だから、意思さえあれば、それ程難しくはないと思います。


 屈筋を使えば肩が盛り上がります。

絶対に右肩は前にも、上にも、下にも動かさないで、

「柔らかく、柔らかく維持する」強い意思が必要です。


トップアマのスイングは皆そうなんですよね。

強い意志がないとストロークは伸びません・・・。

そう、飛ばしの誘惑に打ち勝つ意思、自制心、大人度です。

分かっちゃいるんですが・・・・・・。



 ちょっとマジで気合入れていきますか




 だから、このはだめだっつーの、屈筋は。

こっちですよ、こっち、伸筋。

で、パターもショットも合掌ですね

上手くなれるように、最後は神頼み

しかないですわ
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

den さんこんいちは!!Re: こんにちは

遅くなりましてゴメンナサイ!!
娘の夏休みがやっと終りました!

> ここ2回分の記事は自分がまさに今解決すべき課題です。
> いくらスイングを改良しようとしてもちょっとした力みで全て台無しですよね。
> 私の場合は力むとスイング軌道が不安定になり、インパクトでは左手首が甲側に折れ、左肘が引け気味になるようです。

左手甲側ですか。ローテーションが足りないので左手甲側に折れちゃうんだと思いますよ。左肘が逃げるのはローテーションが足りないので逃げ場がなくなるのです。甲側には絶対折れないです。左手首痛めますよ。

> 前回の記事でインパクトで「左小指も脱力」と書かれていましたが、私はテイクバックから左小指だけはしっかり握るようにしています。
> ゴルキチさんはテイクバック時点の左小指の圧はどのように意識されてますでしょうか?

左小指は絶対に引っ掛けたくない時だけ多少しっかり握ります。それ以外は意識していないです。
最近重心を土踏まずの中心より踵側、踵加重と言うより真ん中ですね。そこに変えたらヒッカケが大幅に減りました。右手は中指薬指でヒッカケて、左手はフィンガーで小指側3本ですが最近はドラコンによるマン振り症候群の解消もあって全体的に緩めのグリップですね。
FWキープ率を最重要テーマにしています。

おっさんさんまいどです!!Re: ビジネスゾーンの動き

いろいろ忙しくて返事が遅れました!!ゴメンナサイ!!

> 早速ですがビジネスゾーンの感覚と脱力によるローテイションの発生。
> アプローチでかなりの精度でコントロールできるようになりました。
> ポイントは俗に言われる三角形を崩すな。
> このときグリップではなくフェイスと両肩の作る三角形を維持し続ける。

兎に角アプローチをひたすら、いろいろな距離、ライ、クラブ、打ち方で、練習するとスイングが見えてきますね。ドライバーからアプローチもサンドもパターもこすらないで全部球を捕まえて打つ必要があると思います。

また、各人の表現にもよると思いますが、結果的には三角形を維持することと同じになりますが、
三角形の意識のし過ぎは結構腕を硬くします。脇が締まるように近くを振り、両肘の間隔を開かないように振れれば、結果的に自然に三角形は維持されますよ。

> 手首のコックは結果的に起こり意識してつくらない。

手首では作りませんがグリップの振り幅と、ヘッドの振り幅の調整で自然にコックは調整できますよ。例えばグリップが8-4時でヘッドも8-4時だとノーコック、同じくグリップが8-4時でヘッドが10-2時ならコック、タメが自然に出来てます。
この2種類の打ち分けはアプローチで必須でしょうね。

> 更に言い表すとシャフトとグリップの関係を崩さない。
> コックの量が多いとダフリ易いため。

手首を柔らかく使うとコックが増えます。しかし、手首を柔軟にしてもライ角は維持しないとダフります。ライ角維持の意識は必須ですね。

> 私の場合、ローテーションはバックスイングでもかなりの意識が必要でした。
> ただし、肩の向きとフェイスの向きは正対させるが重要と感じました。

水平素振り、膝つきショットをすると正しいローテーションを再確認できます。
私もいつも修正していないとおかしくなります。

> このイメージで50ヤード(AW)まで打ち分けることが出来るようになりました。

ピッチアンドランで1:10、1:5、1:2、1:1、2:1、5:1、10:1を打ち分けます。
最も自分に合ったクラブを見つけます。打ち分けるのではなく9、P、A、Sを使い分けます。
何が自分で最も確立が良くなるか見つけられれば、はるかに確立はアップします。
芝で同じアプローチ練習場で完全にいつでもイメージできるようにすると、本番でも思い出して同じスイングをすれば良い訳です。

> 脱力したインパクトから左肘が引けないようにするため、フェイスターンにあわせ右肩を一気にターンする(上体を脱力させ)。
> これで引っかからずにフェイスターンができる。

最終的には右肩の開きを我慢するほどインパクト以降猛スピードで右肩が回らないと引っ掛けますよね。巨人のラミレスのスイングを見ていると右肩ガ強烈に出て行きますが、小笠原の頭の残し方と、阿部の腰のツイストは非常にイメージ作りの参考になります。

> 腕を下げきりインパクト付近でファイスターンするためにはアドレスで作った足裏の体重配分の維持。
> 特にアプローチでは左足裏の拇指丘・小指丘・踵の3点荷重は終始維持する。
> これで左股関節が回転軸になります。

アプローチはアドレスでインパクトを最初から再現します。ショットでも左股関節に完全に乗る必要があります。その時見左足の踏ん張りは非常に重要ですね。
右踵だけに捉われ過ぎると左足がおろそかになります。伸び上がらないように上体で圧力をかけながら実は両足を蹴るように使って左右の股関節に乗ることにより壁も出来ます。
ポーラクリーマーの頭の使い方やガルシアの腕の落とし方が、両足を蹴り上げても体が伸び上がらない、浮かない、グリップも浮かない方法です。また蹴りは地面からの反動があってから始めてける。
だから、見た目には蹴っていないように見えても実は蹴っています。
蹴っていないというプロもいますが、意識していないだけで実は両足蹴っているはずです。

> 振り幅は最大で9時3時のイメージです。
> このとき体の重心、腕は低くできないと自然なローテイションが行なわれず、合わせたインパクトになる。
> さらに、アプローチでも最大のスイングアークの中で自然なローテイションができると少ない振り幅で距離が出せることが分かりました。

そうです!手首を柔軟に使えれば球が捕まります。球も上がります。パターも同じで球を捕まえます。転がりが強い球が打てます。パターで振りより転がりが弱い球は絶対にダメですからね。
パターはインパクトを強くするのではなく捕まえるのです。サンドモそう。みんな打ち込んで擦るので距離が合わない。アプローチも擦ったら距離が合わないし、逆に上がりません。

> これって、普通のアプローチに使えそうです。ヘッドの軌道(回転孤)は変わらずフルショットの振り幅を少なくしたアプローチのようなイメージです。

そうそう、一緒です。ただアプはいろんな打ち方がありますが基本は同じです。
みな擦りすぎです。一般レッスンでは全部擦り打ちです。

> このアプローチの練習で「左回転軸、右荷重」はインパクト付近で頭の位置が右股関節上に乗っていないとできないこともよく分かりました。スエーしたらダメですね。

スウェーを意識するより、最初から左に乗ってインパクトを再現して打つ方が良いと思いますよ。
ライにもよりますが。球を上げようと思えば自然に視線が上を向くので勝手に右加重で打ちますが、その時はそのままインパクトするので、結局アプはインパクトの再現がアドレスですから、スウェーしないですよね。もちろん左右に腕を振るのでそれに伴って自然に若干の体重移動はあるのでしょうが。

> 但し、他のクラブでフルショットを行なうとかなりユックリとしたスイングテンポになります。
> 宮里藍プロのイメージでしょうか。

藍ちゃんのイメージで振れたら完璧でしょうね。メチャメチャ上手くなりますよ。私には今のところ全然無理ですが、長いクラブでも何とかあれ位ゆったり振れるようにする事が目標になるのでしょうね。

> これで角速度を最大に上げられる準備ができたのかと思っています。

角速度アップ=タメ=コック=手首柔軟、脱力です。
アプでローテーションとフェースコントロールできれば強いですよね。
そのためにリフティングの練習が良いそうですよ。
私は全然出来ませんが(笑)

> 吉田一誉プロのイメージも少しづつ取り入れています。
> アドレスはバッチリリラックスできますが、ダウンスイングでは上体に力が入ってしまします。
> 右足の使い方はまだまだですが、まーボチボチといきます。

ビデオも良いですよ!!
また解説しますね。
いつもありがとうございます!!

こんにちは

ここ2回分の記事は自分がまさに今解決すべき課題です。

いくらスイングを改良しようとしてもちょっとした力みで全て台無しですよね。
私の場合は力むとスイング軌道が不安定になり、インパクトでは左手首が甲側に折れ、左肘が引け気味になるようです。

前回の記事でインパクトで「左小指も脱力」と書かれていましたが、私はテイクバックから左小指だけはしっかり握るようにしています。
ゴルキチさんはテイクバック時点の左小指の圧はどのように意識されてますでしょうか?

ビジネスゾーンの動き

こんばんは。

早速ですがビジネスゾーンの感覚と脱力によるローテイションの発生。
アプローチでかなりの精度でコントロールできるようになりました。
ポイントは俗に言われる三角形を崩すな。

このときグリップではなくフェイスと両肩の作る三角形を維持し続ける。

手首のコックは結果的に起こり意識してつくらない。
更に言い表すとシャフトとグリップの関係を崩さない。
コックの量が多いとダフリ易いため。
私の場合、ローテーションはバックスイングでもかなりの意識が必要でした。
ただし、肩の向きとフェイスの向きは正対させるが重要と感じました。

このイメージで50ヤード(AW)まで打ち分けることが出来るようになりました。
脱力したインパクトから左肘が引けないようにするため、フェイスターンにあわせ右肩を一気にターンする(上体を脱力させ)。
これで引っかからずにフェイスターンができる。

腕を下げきりインパクト付近でファイスターンするためにはアドレスで作った足裏の体重配分の維持。
特にアプローチでは左足裏の拇指丘・小指丘・踵の3点荷重は終始維持する。
これで左股関節が回転軸になります。

振り幅は最大で9時3時のイメージです。
このとき体の重心、腕は低くできないと自然なローテイションが行なわれず、合わせたインパクトになる。
さらに、アプローチでも最大のスイングアークの中で自然なローテイションができると少ない振り幅で距離が出せることが分かりました。
これって、普通のアプローチに使えそうです。ヘッドの軌道(回転孤)は変わらずフルショットの振り幅を少なくしたアプローチのようなイメージです。

このアプローチの練習で「左回転軸、右荷重」はインパクト付近で頭の位置が右股関節上に乗っていないとできないこともよく分かりました。スエーしたらダメですね。

但し、他のクラブでフルショットを行なうとかなりユックリとしたスイングテンポになります。
宮里藍プロのイメージでしょうか。
これで角速度を最大に上げられる準備ができたのかと思っています。

吉田一誉プロのイメージも少しづつ取り入れています。
アドレスはバッチリリラックスできますが、ダウンスイングでは上体に力が入ってしまします。
右足の使い方はまだまだですが、まーボチボチといきます。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR