ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

力の抜き方3 完璧を求めない FWキープ率を意識する

 頑張って練習すると、ついつい本番でも毎回完璧なショット

を求めてしまいます。そうするとおのずと無理が出ます。

気合が入り過ぎて力みも出ます。

失敗すると精神的にも引きずります。

ドライバーショットの成否の基準を完全にFWキープ率

に置こうと思います。

飛距離は結果で、おまけと認識しようと思います。

私の場合、抽象的な「力を抜く」と言う対策では全く効果がない

ので意味がないですね。


とにかく統計上ひたすら確実にFWキープ率を高める


それに徹するしかないですね。

そうすればドライバーはおのずと6~70%のスイングになるでしょう。

そして当然ティーショットはFWの出番が多くなるでしょう。

そのために3+WやFWをスチールで統一して充実させたのです。

3、5、7woodは銘柄とシャフトが違うと距離の間隔を

合わせ難いからです。

もちろん短くて、重いスチールシャフトが正確性においては

遥かに有利で、アイアンに近い感覚でダウンブローに打てます。


 練習では90%以上、アプローチとパター練習、ショートアイアン

でのインパクトゾーンのスイングイメージ練習になります。

ドライバーは飛ばす必要がないので、殆ど打つ必要はありません。

重いショートアイアンでのスイング練習の方が良いですね。

暫くアプローチの名手の倉本プロの特殊な練習方法を実践して

テストしたいと思っています。


 8/3、10とラウンドなので、

FWキープ率を意識するだけでどれだけ力みが抜けるのか、

FWキープ率を実際にどれだけ上がられるのか、

それによってパーオン率がどれだけ増えるのか、

FWwoodでのティーショットがどれだけ有効になるのか、

積極的に使ってテストしてみようと思います。

 アイアンも絶対花道優先で50%のスイングで行きます。

何か罰則を作ったほうが良いかも知れませんね。

じゃないとなかなか練習ラウンドでは治りません。

どうしようかな。 
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

タイガーカムバック さんおはようございます!!Re: ありがとうございます。

> ゴルキチさんの「半分ルール」は、フェアウェイの右端に向きますので、僕とはレベルが違い過ぎですね。僕には自殺行為ですよ(苦笑
> しかし、ゴルキチさんも調子が良くない時は僕のようにレベルを下げてみては?たまには(笑

右OBが近いとさすがにFWのほぼ真ん中に打ち出しますよ。ただ、私の場合広くて漫然と狙ったホールより、狭いホールでしっかりと点で狙った方がやはりショットの正確性は全然高いですね。

ロングホールで力んで大損のパターンが結構あったので、いまFWwood打ち込んでます。
今まで5,7ウッドは入れずにユーテリティーを使ってましたが、ショートウッド良いですね。
ラフから200Y、木・林超えの200YなどUTより高さが出て止まるのでナイスです。
かなり強力な武器になりそうですよ!!
7,5,3woodの距離差をしっかり出す練習が技術的な点でも今後の突破口になりそうな感じです。

> 僕は東南アジアに単身赴任していた時にゴルフを覚えましたので、バンカーで数時間の打ち込みはよくやりましたね~
> コースによって3種類くらいの砂がありましたが、基本的に砂がたっぷりあるバンカーばかりでした。
> 日本では親父のメンバーコースが多いのですが、ここも砂が十分にあります。
> 薄砂は経験がありませんでした。今、けっこう多いようですね。砂も結構高価だったりするそうです。
> 僕はFWを入れないのでクラブに余裕があり、ウェッジは58度のバンス10、52度がバンス8、あとバンカー用にセットSWバンスでかいの3本です。
> 58度のAWに傷だらけになるのが嫌なので、バンカーはセットSWでした。
> ロブショットすか~難しそうですね(苦笑
> 次回は、58度で歯から入れてみます。
> これでも跳ねるようなら52度ですね。

ロブは下半身不動で、ゆったり、大きく振ります。自信を持てるかが勝負です。
バンカーも同じでイクスプロージョンより、はるかにロブに近い感覚でゆったり、振ったほうが確実に良いですよ。
ロブは地面と球の間の芝の部分に歯を滑り込ませるためスペースがかなり狭いですが、バンカーの場合は砂があるので余裕です。上下動がなく、自分に合ったボールポジションなら結構一定の薄さで砂を取れます。
兎に角、ゆっくり振ることです。ゆっくり振るほど精度は上がります。自信がないと打ち込んでしまいます。
ゆっくり薄く取れるようになると距離の調整が楽になるので、40Y位までは割りと楽に打ち分けれます。イクスプロージョンで40はリスキーですからね。
ゆったり気持ちよく振って10~13y位の基準を作ると楽ですよ。
私の場合は試行錯誤の結果、結構真ん中目の方が打点が安定します。上げたい時は開いて右足加重になるので、勝手に左に寄るので左に寄せる意識はないですね。

> オープンスタンスは小さめで、ボールは中ですね。
> ありがとうございました。

ゆったり振れさえすれば、砂があるのでヒールのバンス角次第で開ければ結構上げられると思います。

ありがとうございます。

ゴルキチさんの「半分ルール」は、フェアウェイの右端に向きますので、僕とはレベルが違い過ぎですね。僕には自殺行為ですよ(苦笑
しかし、ゴルキチさんも調子が良くない時は僕のようにレベルを下げてみては?たまには(笑

僕は東南アジアに単身赴任していた時にゴルフを覚えましたので、バンカーで数時間の打ち込みはよくやりましたね~
コースによって3種類くらいの砂がありましたが、基本的に砂がたっぷりあるバンカーばかりでした。
日本では親父のメンバーコースが多いのですが、ここも砂が十分にあります。
薄砂は経験がありませんでした。今、けっこう多いようですね。砂も結構高価だったりするそうです。
僕はFWを入れないのでクラブに余裕があり、ウェッジは58度のバンス10、52度がバンス8、あとバンカー用にセットSWバンスでかいの3本です。
58度のAWに傷だらけになるのが嫌なので、バンカーはセットSWでした。
ロブショットすか~難しそうですね(苦笑
次回は、58度で歯から入れてみます。
これでも跳ねるようなら52度ですね。
オープンスタンスは小さめで、ボールは中ですね。
ありがとうございました。

タイガーカムバック さんこんにちは!!Re: 悩んでおられますね

> お久しぶりです。

お久しぶりです。こんにちは!!
今年の夏は暑いですね!この一ヶ月子供の子守で練習は殆どやってないですよ。

> >頑張って練習すると、ついつい本番でも毎回完璧なショットを求めてしまいます。そうするとおのずと無理が出ます。
> 気合が入り過ぎて力みも出ます。
> 失敗すると精神的にも引きずります。

> 笑ってしまいました(失礼
> でもその通りなんですよね。自分自身に期待してしまうのですね。

いやー、15年くらい進歩なしですからねー。
いい加減、自分に失望しちゃいますよ。
根本的に発想が違っているんですよね、片手になる連中とは。
分かっているんですが割り切れない。
あまりに長い間遠回りをしてしまいました・・・・。

> 僕は、ドライバーショットでは「半分ルール」でやっていますよ。
> 半分の力で打つ。。。というわけではありません(笑
> 以前は、ターゲットをフェアウェイの左方向に決め、ターゲット方向又は右はOK、ターゲットより左は、たとえ少しでもNGというルールでした。
> 特に大事なことは、右方向は寛容にOKにしてやることです(OBはNGですが笑)。そのかわり、左はナイスショットでもNGです。
> ここ最近は調子も良いので、右へ出て右曲がりもNGというルールを追加しています(笑
> そのかわりに、ほんの少しの左ストレートならOKにしました(笑
> ターゲットも以前より左になっています。
> つまり、「半分ルール」なんです。
> 精神的には結構楽になれましたよ(笑

ご助言ありがとうございます。
実はやってることはかなり似ていますよ!奇遇ですね。
私もドロー打ちなので右に打ち出します。怪我は大体ヒッカケなので引っ掛けを減らしたい。
でもしっかり捕まえたい。
右フェアウウェイを狙ってしっかりローテーションして捕まえます。右に曲がることはラウンドで1回あるかないかです。なので失敗で右ラフかちょっと林。ヒッカケが最近劇的に減った原因は、アドレスでの重心の位置です。土踏まずのつもりでしたが感覚以上に前にありましたね。これは長い間の習慣だと思います。
足裏全体でスキーの様にアドレスで体重を真ん中に持ってくると、引っかからなくなりました。
要するに右膝、右腰、右肩が前に出難くなったのです。
既存のゴルフ理論とは全く逆なんです。
これが合うかどうかは人にもよると思います。しかし、合う人は、かなり効果的ですよ。
コーチの助言と吉田一誉プロのビデオで気がつきました。

> ところで、ゴルキチ先生にHELPです。

先生なんて止めてくださいよ。その辺のおやじです。

> 最近友人がメンバーのコースでプレーすることが多いのですが、このコース、バンカーが薄砂で。。。フェアウェイバンカーは打ちやすいのですが、ガードバンカーは高さがあって薄砂です。
> バンカーの苦手意識はこれまでなかったのですが、超嫌いになりました(笑
> バンスが跳ねてホームランの連続です。
> バンスが跳ねた跡は粘土が出ています。1~2cmくらいしか砂がないと思います。
> ゆっくり振ってもバンスが跳ねます(涙
> 砂を薄くとろうとするとダフるし。。。
> お奨めの打ち方とかありますでしょうか?

うちのホームコースもそうですよ。
砂ないです(笑)
練習場も砂ないです、練習しててたまに人がいる方にホームランしてヒヤッとします(笑)
みなコースに文句言っても大して変わりませんでした。
で、仕方ないので段々馴れました(笑)

薄いバンカーはロブと同じ打ち方です。
バンスが跳ねないようにインパクトゾーンで抑えるように打ちます。
高さはロフトを信じ、またフェースを返さないようにアンコック、ローテーションしながら自然に上げます。

私はそもそもバンカーも球を捕まえて打つべきだと思います。
捕まえると言うのはフェースをかぶせるということではなく、カットに擦らないと言う事です。
ドンとカット気味に打ち込んでイクスプロージョンがレッスンの定石ですがウソです。
それでは距離が合いません。球も上がりません。進歩しません。

球の下1~2cmの砂10X20cm位薄く削って狙ったところに球が乗った砂ごと運ぶ感覚です。
打ち込む意識では薄く均等に取れません。
ロブより1,2cmボールの下を振るだけです。

ドンと打ち込んで終るイメージはないので、かなりゆっくり軽く振って薄く捕ります。
長い距離はクラブで変えます。52、Pと。同じクラブで無理に強振すると失敗しますね。
私は球はわりと内側で真ん中位です。
球の位置が最も重要で何度も打ってみて自分のスイングで上手くイメージ通りに砂を削れる位置にボールを置きます。
左足近くに置き過ぎるとトップしたり、ダフりすぎたりします。
上げる方法は、上げようと思えば自然に右足体重になりますのでそのまま体重移動しないでインパクトします。すくい上げないように気をつけます。
バンカー内やロブでは体重移動するとミスりますからしません。

バンスの開き方ですが、使われているサンドウェッジのバンス、ロフトにもにもよりますがレッスン書のように開いてカットにドスンと打ち込む打ち方だと浅いバンカーでは跳ねられます。砂が薄ければ開かないでバンスからではなく、リーディングエッジから入れていきます。これでも厳しいロブよりは楽ですよ。

砂が1~2cmで下が固く、かつガードが高いバンカーならロブウェッジじゃないと厳しいでしょうね。お使いのSWがロフト58か60度でバンス8度以下で出っ歯ならかなり高くてもいけますね。
56度でバンス12度以上でグースネックなら、そういうバンカーに入れた自分が悪かったとあきらめ、横に出します。
私はそういうコースの為にロフト60度でバンス4度で出っ歯で球を拾いやすいウェッジを持っています。そういう時は52,56,60の3本ウェッジ体勢でいきますね。
ただ、キャロウェイのJAWS56度に変えてから開いても跳ねられない形状なのでロブウェッジの必要性は殆どなくなりました。劇スピンで球が削れ過ぎて消耗が早いのが難点ですが。

バンカーの集中練習は面白いですよ。ちょっとボールの位置を変えるだけで物凄くうまくなります。
私はたまに2、3時間位バンカーで打ち続けます。ボール位置、重心位置、開き具合、イメージ、ボールの深さを変えていろいろ試します。
練習は軽い砂でやります。ショットの成否がモロに削った砂の量、飛んだボールで分かるからです。
重い砂では分かり難いです。

多くの方はまずボール位置ありきで、必ずスイングを球にあわせて振りますね。
逆です。自分が最も気持ちの良いスイングをして、うまく10X20が1,2cmの薄さでシャローに削れるボール位置を見つけ出すことが重要です。そのためにも是非一度500本サンドやってみる必要性があると思いますよ!

どうでしょうか?いろいろレッスンあると思いますが球の位置を変えて、500本くらい打つとかなり変わりますよ!!
サンドの練習はアプローチの練習に非常に有効ですよ。

お返事お待ちしています!!

悩んでおられますね

お久しぶりです。

>頑張って練習すると、ついつい本番でも毎回完璧なショットを求めてしまいます。そうするとおのずと無理が出ます。
気合が入り過ぎて力みも出ます。
失敗すると精神的にも引きずります。

笑ってしまいました(失礼
でもその通りなんですよね。自分自身に期待してしまうのですね。
僕は、ドライバーショットでは「半分ルール」でやっていますよ。
半分の力で打つ。。。というわけではありません(笑
以前は、ターゲットをフェアウェイの左方向に決め、ターゲット方向又は右はOK、ターゲットより左は、たとえ少しでもNGというルールでした。
特に大事なことは、右方向は寛容にOKにしてやることです(OBはNGですが笑)。そのかわり、左はナイスショットでもNGです。
ここ最近は調子も良いので、右へ出て右曲がりもNGというルールを追加しています(笑
そのかわりに、ほんの少しの左ストレートならOKにしました(笑
ターゲットも以前より左になっています。
つまり、「半分ルール」なんです。
精神的には結構楽になれましたよ(笑

ところで、ゴルキチ先生にHELPです。
最近友人がメンバーのコースでプレーすることが多いのですが、このコース、バンカーが薄砂で。。。フェアウェイバンカーは打ちやすいのですが、ガードバンカーは高さがあって薄砂です。
バンカーの苦手意識はこれまでなかったのですが、超嫌いになりました(笑
バンスが跳ねてホームランの連続です。
バンスが跳ねた跡は粘土が出ています。1~2cmくらいしか砂がないと思います。
ゆっくり振ってもバンスが跳ねます(涙
砂を薄くとろうとするとダフるし。。。
お奨めの打ち方とかありますでしょうか?

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR