ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

サンドウェッジもドライバーも同じテンポ

 今日の練習は、明日のラウンドのために

1、ドライバーとFWウッドをサンドウェッジと同じテンポで振る

2、アプローチと同様に、ウッドも素振りを完璧に再現する

3、トップの右肘の位置を完全に決めることで1テンポおいてから、

 右肘から自然落下させ、ダウン初期で引っ張り下ろさない。

 これでプレーンから外れない。

4、絶対に上体・グリップが浮かないように、上体、腕を脱力して

ゆったり、大きなスイングアークの素振りを心がける


ことがテーマでした。

マン振り症候群で、スイングイメージが「ビュン」になっていたので、

「ブオーン」のイメージで、角速度を上げる事よりも、

兎に角、大きな円弧をイメージしてまず素振りしてから、

それを忠実に再現してスイング(ショット)しました。

「ショット=打つ」よりも「スイング=振る」のイメージ

の方が有効ですね。


インパクト気持ち良く、しなりを感じてきましたので良い感じです。

サンドでゆったり大きく素振り、同じテンポでウッド素振り、

ひたすら素振り再現ショット。

これをアプローチのようにひたすら繰り返しました。

次回は、限界まで遅いフルショットで練習します。

UP5と真逆ですね(苦笑)




 ポーラクリーマーの切り返し後の、右肘の落下です。

テークバック時から「右脇を絶対に空けないぞ」と言う意思が良く見えます。

右脇を閉めているので、ガルシアに似たフラットなトップです。

トップからは右脇を完璧に閉めて右肘から落とそうとしているのが良く分かります。

ダウンで最初に右ひじが縦に真下に降りて鋭角のタメが出来るのも

ガルシアに似ています。


PC3.jpg

ここまで右肘を体に付けるとかなりインから一定に下りてきますね。

HWDまで右腕が体に付いたままで全く自由に使えませんので、毎回同じプレーンに乗ります。

ここ間で我慢できれば、ここからは思いっきり振ってもOKです

勢いで頭がフォローまで下り続けシャフトが思いっきり立っています。

フラットなトップから頭を下げ、肩が立つので、シャフトが垂直近く立っています。

PC5.jpg

フォローまで頭を下げ続ける意志の強さが凄いですね。強烈です。

足の蹴り上げで下半身が伸び上がって浮いても、体全体では全く上に浮いて

エネルギーが逃げていません。完全にフォローまで飛球方向のみに閉じ込めています。

これならパワーが微塵も上には逃げません。

我々がまねしたら即ぎっくり腰と頚椎ヘルニアでしょうね。

でも、この頭、上体の動き、強い意志は非常に参考になりますよ

チビット物まねじゃダメですね。
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

r7 さんはじめまして!!Re: ハーフウェイダウン

r7 さんこめんとどうも有り難うございます!!

> 拝啓、時々、拝見して参考にさせていただいています。多分、プロアマ含め、ゴルフ関連のブログはこちらしか読まないぐらい、いつもすばらしい洞察だと感じております。

大変ありがとうございます。全然そんなことないです。恐縮です。

>今回のミケルソンの体を柔らかく湾曲させるという指摘は非常に新鮮でした。

良かったです!!

>クラブを落とす(プレーンに乗せる)事に関しては、いつも問題意識を持っており、力を入れない自然落下がなかなか出来ない小生においては両側の斜腹筋で真下に押さえ込むことで実行し、ダウンの後右腰(右足の蹴り)で全体をドライブする感じのスイングにしています。

クラブ固有のテンポの記事を書きました。真下に縦におろすことが大事ですが、ゆっくり静かに下ろすことがもっと大事です。まさに宮本勝昌プロのスイングテンポです。あれでぶっ飛ばすのですから凄いです。グリップはゆっくりで、ヘッドは凄く速いです。
テンポが良く、体幹が強く、タメのあるスイングですね。

>以前、ゴルフチャンネルでハリントンがダウンの時、膝をスクワットさせるイメージで下ろすというコメントを耳にして以来、プレーヤーがどこの部位をメインにプレーンに乗せているか?ということに興味を持つようになりました。

ドラコンで足の使い方が非常に勉強になりました。今までと全く違います!
吉田一誉プロのDVD「常識破りの+50Y宣言」で膝の使い方が上手く説明されています。
既存のレッスンとは全く触れられていない部分ですね。
西のドラコン王南出選手のコーチです。

>一方、しばし、某月刊ゴルフ誌などでは頭の高さを変えずい振るというような記事もありますが、そんなプレーヤーが存在するのでしょうか(笑)。もとい、ポーラの頭もタイガーダウンのタイガーもそのように見えるのですが、結局湾曲という表現になるかもしれませんが、上半身全体で軌道を押さえ込んで下半身で振っているという風に解釈しています(余談ですが、シャフトプレーンが引く時も、戻る時も同じになる正確さはタイガーとガルシアがダントツだと思います)

頭が上下にも左右にも全く動かないプロも沢山います。ミドルアイアンまでの狙うクラブはそれで良いと思いますが、飛ばすクラブでアマにマネしろといっても難しいです。
逆に体重移動で弊害が出てしまいます。
私の場合もあらゆる方向に動きます(笑)

あのツアープロのドラコン王の和田正義プロも自らの最大の欠点を「体の浮き」だと考えているようです。でもドラコン選手皆そうだと思いますよ。右足蹴らないと飛びません。左足を蹴らないとそれに対抗する左壁が出来ません。浮きを止められなければ蹴れないと言うだけで、飛ばなくなるだけです。
良く蹴らないと言う人がいますが蹴る意識がないだけで無意識でも絶対に蹴っています。
蹴らなかったら完全に上体だけのスイングになってしまいますから、ありえません。
飛ばしの最大の課題は上から圧力をかけ続ける事ですよ。その圧力によってエネルギーが上に逃げるのを抑えて飛球方向に放出します。

>今、思案しているのは、ドライバーの方向性もキープしながら、飛距離を伸ばすということですが、他のクラブより、少しだけ余計に頭を右にひきつけたまま通常のクラブの落とし方で振ろうとすると、ダウンと下半身の動きが連携せずヒッカケになります。このような方法論は違いますでしょうか?ご教示ください。

下半身がインパクトゾーンでも止まりすぎている事も考えられますが、それなら少しずつ調整して直ると思います。

球の位置の可能性大ですね。スタンスを広くして左踵に置くと左過ぎます。
するとフェースが返ってから当たるので引っ掛けます。
その場合左脇の前を基準にしたほうが良いです。
もしくは宮本勝正プロのビデオでもそうですが、ボールポジション見てください。
どこですか?

ド真ん中でしょう?

ふつう3Iならもっと左ですよね。なぜ真ん中なのか?
ダウンブローでフォローを低く長く押したいからです。
私もフェアウェイウッドが苦手意識ありましたが、スチールシャフトで重くして、
ボールポジション真ん中近くでアイアンと全く同じ意識でダウンブローにしたら
大好きになってしまいました。超楽チンです。もう3Iもユーティリティーも要らないです。

ゴルフ5かビクトリアでインパクトの瞬間を撮ってもらって下さい。タダです。
ヘッドが先行して閉じて当たっていると思います。
その場合、ボール位置か、リリースが早すぎてハンドファーストになっていないで、ヘッドが先に出ているケースが考えられます。
リリースが早いなら少し右に寄せれば良いので試してくださいね。

また、コメントお持ちしています!!

ハーフウェイダウン

拝啓、時々、拝見して参考にさせていただいています。多分、プロアマ含め、ゴルフ関連のブログはこちらしか読まないぐらい、いつもすばらしい洞察だと感じております。今回のミケルソンの体を柔らかく湾曲させるという指摘は非常に新鮮でした。クラブを落とす(プレーンに乗せる)事に関しては、いつも問題意識を持っており、力を入れない自然落下がなかなか出来ない小生においては両側の斜腹筋で真下に押さえ込むことで実行し、ダウンの後右腰(右足の蹴り)で全体をドライブする感じのスイングにしています。以前、ゴルフチャンネルでハリントンがダウンの時、膝をスクワットさせるイメージで下ろすというコメントを耳にして以来、プレーヤーがどこの部位をメインにプレーンに乗せているか?ということに興味を持つようになりました。一方、しばし、某月刊ゴルフ誌などでは頭の高さを変えずい振るというような記事もありますが、そんなプレーヤーが存在するのでしょうか(笑)。もとい、ポーラの頭もタイガーダウンのタイガーもそのように見えるのですが、結局湾曲という表現になるかもしれませんが、上半身全体で軌道を押さえ込んで下半身で振っているという風に解釈しています(余談ですが、シャフトプレーンが引く時も、戻る時も同じになる正確さはタイガーとガルシアがダントツだと思います)今、思案しているのは、ドライバーの方向性もキープしながら、飛距離を伸ばすということですが、他のクラブより、少しだけ余計に頭を右にひきつけたまま通常のクラブの落とし方で振ろうとすると、ダウンと下半身の動きが連携せずヒッカケになります。このような方法論は違いますでしょうか?ご教示ください。

EDIT COMMENT

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「頚椎症」「頚椎ヘルニア」「ストレートネック」の症状を改善!

通院することなく、手術や薬に頼ることなく、安全な方法で「頚椎症」「頚椎ヘルニア」「ストレートネック」を改善する方法があります。「正しい方法を実践すれば、首の痛みはそんなに苦労しなくても改善することが出来る」という事実を知って、二度とつらい症状に悩まされ...

「頚椎症」「頚椎ヘルニア」「ストレートネック」の症状を改善!

通院することなく、手術や薬に頼ることなく、安全な方法で「頚椎症」「頚椎ヘルニア」「ストレートネック」を改善する方法があります。「正しい方法を実践すれば、首の痛みはそんなに苦労しなくても改善することが出来る」という事実を知って、二度とつらい症状に悩まされ...

「頚椎症」「頚椎ヘルニア」「ストレートネック」の症状を改善!

通院することなく、手術や薬に頼ることなく、安全な方法で「頚椎症」「頚椎ヘルニア」「ストレートネック」を改善する方法があります。「正しい方法を実践すれば、首の痛みはそんなに苦労しなくても改善することが出来る」という事実を知って、二度とつらい症状に悩まされ...
YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR