ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

両手が一番早く動く 元研修生おぢさんのメルマガ復活!! 

 元研修生おぢさんゴルファーのメルマガ

「目からウロコのゴルフ術」が復活しましたね!!

皆さん非常に参考になりますよ!!無料です!!

「目からウロコのゴルフ術」登録
メルマガ発行人 大野敏さんのプロフィール

このプロフィールでおぢさんのお人柄、メルマガ発刊のいきさつ

がよーく分かります。ご立派で、信頼できます。

彼の貴重な経験からのゴルフ理論は本当に貴重だと思います。

私も良くやりとりさせて頂き、貴重なご指導を頂いて

大変感謝しております。


 今回も超ナイスナタイミングの記事でしたのでご紹介します!!

簡単なようでかなり衝撃的な内容ですよ!


以下抜粋です。

基本中の基本=精度を上げるショットの要#2

多くの方が
アドレス→テークバック→トップ切り返し→ダウンスイング
→インパクト→フォロー→フィニッシュ この一連の動作で、

勢いをつけてスイングしていることに気付いていません。

勢いをつけるとはどういうことなのか例を挙げます。

1. テークバックで身体を揺らして上げ始めてしまうために、
まず足や脚から動き始め
、次に腰、肩と回り始めてから
クラブヘッドのトウが最後に動き始める。

2. トップでの切り返しで、クラブヘッドがまだ上がり
続けているのに身体の左サイドはダウンスイングに
大きく動き始めている。


一見して当たり前の動きのように感じますが、
このような勢いをつける動きが少なくなればなるほど
ショットの精度は正確になります。


ゴルフスイングで必要なことは、前述のインパクトゾーンの
考え方を踏まえながらクラブヘッドを早く動かすことです。

そのためにはクラブヘッドに繋がっている

両手が一番早く動く必要があります。

次に両腕、次に両肩、次に両腰、

一番動きがゆっくりな部位は両脚,足です。

つまり、クラブヘッドに近い身体の部分ほど早く動き、
遠い所はゆっくりと動きます。こうお話しすると手打ち
になるような気がしますが危惧はまったく不要です。

足や腰がばたばたと回ってスイングしてしまう方は、
ちょっとだけ意識して、

下半身を止めて両手を振るようにしてみて下さい。


インパクトでのヘソの向きが、打つ度に違う場所を向いてしまう
のはクラブヘッドに遠い身体の部分のほうが早く動いてしまい、
クラブヘッドに近い自分の両手が振れていないことが原因です。」


以上、抜粋でした。


 えっこれだ

まさに私の癖もこれです
 
初動で右サイドが揺れるんです。

ドラコンでもよくコーチに指摘されました。

自分でも毎回ビデオで見てテークバックの初動で右サイドが

僅かに流れるのが凄く気持ち悪かったんです。

右足でどんなに止めても腰が少し揺れる。

「下半身リード」でゴルフを覚えましたから。


ずっと完全には治せませんでした。


 この記事を見て、今日早速娘とアプローチ練習行ってきました。

芝生で3時間。

娘は殆どバッタ捕ってましたが。

ゴルフ練習行くのに虫かご2つに、虫取り網2本持参。

ちょとでも芝でアプローチ練習やってくれれば良いから。

で、私は52度で例の超スローフルショットで10~20Yのアプローチ

やってっきました。

まず、両足止めて、手が最初で、勢いなし、と。


で、最初からいきなり

あっー、右サイドが止まった

右への動きが止まれば、当然左への揺れ戻しも止まります。

今まで25年間何やってきたの


勢い、反動を止めるために
両手が一番最初と言い切る理論は

見た事がないですね。

殆どの理論は下半身リードを完全には否定していないですから、

下半身リードでゴルフを覚えた方にとって下半身を完全に止めて始動する

のは非常に難しいと思います。私もそうだったですから。


直ぐに、昔ホームコースの所属プロに「フォーワードプレスをするな」

と言われた事を思い出しました。

左に揺すってからその反動を利用してしまうのでしょうね。

私のスイングの欠点を見てそう言ったのでしょう。

しかし「反動を止めるために足を止めて手を最初に動かせ」

とは言われませんでした。

この一言でスイングが変わる方は非常に多いでしょうね。


 ただ、足を使わないのはあくまで始動ですよ。

これで、バンカーもロブもショット切れまくるぞ

パターも変わるでしょうね。

おぢさん、お礼のメールしますね。
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

ski_golfさんまいどです!!Re: タイトルなし

> 両腕からの始動は目から鱗です。
> 始動を確認した所僕の場合、右股関節での右足裏内側への加重がスタートの合図の様でした。

そう、それが反動ですよ!!

> 両腕始動を試すと、腕が右に行く為結果として体重が移動し右足に乗る感じで、
> ほんの一瞬の後先(腕か足腰か)の差ですが感覚は全然違いますね。

その通り!!
順番が逆になるだけ。しかし、体重移動は全く変わりません。
ダウンで大きく変わります。右にスウェイすると左へ戻る。
戻るときは慣性で大きくなってしまいます。大きくブレます。
サンド、ロブでは致命傷ですね。

> しかも一切動かさない意識の方が全然左股関節に乗れるんですよねえ。

そのほうが良いですね。乗っていくのはインパクト後で十分です。
脱力して素振りで振り切れば嫌でも乗っていきますよね。


> ゴルキチさんのサイト巡りはやっと1周と半分です(笑)
> 学ぶ事が多すぎてなかなか進みません。3周目はサクサク読めると信じたい…

私は先に進むばっかりで、読み直したことがないんです。
無責任でゴメンナサイ。
どんどん進化していると思っているので、以前と違う事も多いですよ。
意味不明だったらいつでも、何でもコメントくださいね!!

両腕からの始動は目から鱗です。
始動を確認した所僕の場合、右股関節での右足裏内側への加重がスタートの合図の様でした。
なんか右へ体重移動無理矢理して勢い付けてやってる感覚が嫌だったので、これは是非取り入れたいと思います。
両腕始動を試すと、腕が右に行く為結果として体重が移動し右足に乗る感じで、
ほんの一瞬の後先(腕か足腰か)の差ですが感覚は全然違いますね。

>ダウンもその通りですね。私は以前は左膝・左腰を少しスライドして切り返しと書いていましたが、
>最近ではずっとスライドなしの意識に変えてきました。
>意識しなくても自然になるし、意識すると行き過ぎる可能性が大きかったからです。
>結局これは、勢い・反動の結果としての揺り戻しだったのでしょうね。
悩んでいたのでこれは嬉しいです!少しでもスライドを意識すると行き過ぎてしまい、
逆に動画で確認すると、一切動かさない意識でもほんの少しスライドしてたので、これでいいのかなあ?と思ってました。
しかも一切動かさない意識の方が全然左股関節に乗れるんですよねえ。

ゴルキチさんのサイト巡りはやっと1周と半分です(笑)
学ぶ事が多すぎてなかなか進みません。3周目はサクサク読めると信じたい…

ひめこ さんどうもです!!Re: タイトルなし

> ひめこ去年から下半身バタつきやすいから
> 下半身を止める意識と右足の蹴りを少しだけ遅くする意識をアドバイスされてて・・・

私のテーマと全く同じですよ!!アマ共通の欠点なのでしょうね。
これは使う筋肉を限定すると言う作業だと思います。

ドラコンの反動なのか、今はアプローチが面白くて仕方ありません。
今日も3時間以上芝で打ってきました。毎回進歩しているのが良く分かります。

米国かオーストラリアのスクールに一ヶ月くらい行きたいですよ。
毎日ラウンドしたいですね!!

おっさん さんいつもありがとうございます!!Re: Re: とてもタイムリーです

> 超スローモーションのアプローチ(52)、今回のテーマ「精度を上げる感覚」で振りますと安定して30Yをキープできます。右手が大きく伸びるのも良く分かりました。このイメージで8Iを振りますと、とっても良い感じです。
>
> ここで気付いたのですが、脚の2軸を踏ん張ると同時に上体が暴れないようにストローを銜えてみると、同じハンドスピードで振っているにも関わらずHSが上がりました。

軸が固定されるからでしょうね。

> 鳥かごで打っていたので長いところへハシゴして確認しましたが、3軸を振さず捻りきれるとユックリ振ってもHSは上がり飛距離も出ています。
> 2軸を意識しユックリ振ると右手の伸びと大きなスイングが分り、プラス3軸をい意識できるとHSが上げることができました。普通に必死に振ったの比べてHSで最大では2~3程度は速くなっていました。腕の脱力やグリッププレッシャーの管理は重要ですね。
> アイアンとFWまでは対応できましたがDRではまだまだです。
> これは角速度を利用できていると理解して良いと勝手に思っています。

まさにそのとおりです。グリップスピードが下がり、ヘッドスピードが上がりますね。
タメですね。

> これで一皮向けたら嬉しいですが、自分のものにできるかが勝負ですね。

素振り再現で間違いなくいけると確信しています。

> 今日、池田プロが勝ちましたが一緒に回っていた韓国のプロがとても良いイメージの素振りを行なっていました。全く微動だにしない下半身、かなり踏ん張っているのが分かります。

反動、勢いなんて全く使っていませんね。

> 右足の外旋ですが、デジカメで見てもサッパリ足の動きは変わっていません。
> 変わったと見えるのは股関節が使えていることかな。外見からは分からないものですね。

なんか、かなり私と似た感覚を持っていらっしゃいますね。
おっさんさんはお住まいはどちらなのでしょうか?
ここまで頻繁に息が会うお話をしていると是非飲みながら一度ゴルフ談義をしてみたいですね!!

> 話は全く変わりリボンですが、寂しいかな定番のようですね。
そうですか。研究熱心で敬服いたします。

> これからも宜しくお願いします。
こちらこそご指導お願い致します。

ラウンド頑張ってくださいね!!

私は今日も昼過ぎから夕方まで娘と芝でアプローチ練習してきました。
子供は早い!!
超スローショット結構直ぐにできて、ダフリません!!

マーシャルさんお久しぶりです!!Re: ご無沙汰しております。

> ゴルキチさんの予測通り首を痛めたマーシャルです。

あらら、やっちゃいましたか。ゴルフでは一度は宿命かも知れないですね。
先日友人が頚椎ヘルニアの手術で入院して見舞いに行ってきました。
酷くならないようにお互いに注意しましょうね。
素振り再現で軽減されますよ。

> トップが決まった瞬間、次ぎに何を意識と言うか注意しますか。
> 確たるものが欲しくて相談です。

今、無心素振り再現マシーンになり切ろうとしていますので、大きいスイングでブオ――――ンと振るだけですよ。それだけで全身脱力、タメができます。
これであらゆる条件下でも再現性を高めようと思って努力しています。

ですから、状況によって考えるのは本振りよりもむしろ素振りなのです。
プロのルーティーンもそうですよね。
本振りは無心でフィニッシュまで素振りの再現で振り切るだけです。

強いて挙げれば、素振りの再現以外に今注意していることはただ1つで、
ミケルソン、ポーラ・クリーマー、ガルシア、ビジェガスの各々の特徴の、
上体で下方向に圧力をかけ続けるスイングをかなり意識しています。

スイング中じゃなくスイングとしてトップのあと注意することは、脱力して真下にゆったりタメて下ろす事です。
真下に下ろすためには、腕、手首脱力で、肩開かず、両脇がしまり、両肘間隔が締まっています。
正しいトップ位置から脱力で落すとシャフトが背中側にも、飛球反対方向にも寝ないで立っておりてきます。

いかがですか?

不足ならまたコメントくださいね!!
何でもOKですよ!!

ご無沙汰しております。

ゴルキチさんおひさぶりです。
ゴルキチさんの予測通り首を痛めたマーシャルです。
簡潔にに質問です。
トップが決まった瞬間、次ぎに何を意識と言うか注意しますか。
確たるものが欲しくて相談です。

おぢさんゴルファーさんのメルマガが久々に届いてとってもうれしかったですヨ~
ひめこ去年から下半身バタつきやすいから
下半身を止める意識と右足の蹴りを少しだけ遅くする意識をアドバイスされてて・・・

やっぱり大事なことだなってつくづく思います。

これからも楽しみですヨ・・・
もちゴルキチさんの記事もv-10

たかさん手で動かすんじゃないですよ Re: ありがとうございます

> まだよくつかめませんが、手からやってみます。

手から上げると言っても、手で手を上げるのではないですよ!
例えばパターは手首を使わないで肩の回転で打てと言いますが、
その肩を動かしているのは肩の筋肉ではないのです。
脇腹部分の筋肉です。
でも肩で打てと言いますよね。物凄い誤解をよびますよね。

それと同じです。手から動かしますが、手を動かすのは手でも足でもなく
パターと同じく脇腹一体の筋肉ですよね。
パターより使用する筋肉は増えますが。

Re: とてもタイムリーです

こんばんは。

早々にご返事ありがとうございます。

超スローモーションのアプローチ(52)、今回のテーマ「精度を上げる感覚」で振りますと安定して30Yをキープできます。右手が大きく伸びるのも良く分かりました。このイメージで8Iを振りますと、とっても良い感じです。

ここで気付いたのですが、脚の2軸を踏ん張ると同時に上体が暴れないようにストローを銜えてみると、同じハンドスピードで振っているにも関わらずHSが上がりました。

鳥かごで打っていたので長いところへハシゴして確認しましたが、3軸を振さず捻りきれるとユックリ振ってもHSは上がり飛距離も出ています。
2軸を意識しユックリ振ると右手の伸びと大きなスイングが分り、プラス3軸をい意識できるとHSが上げることができました。普通に必死に振ったの比べてHSで最大では2~3程度は速くなっていました。腕の脱力やグリッププレッシャーの管理は重要ですね。
アイアンとFWまでは対応できましたがDRではまだまだです。

これは角速度を利用できていると理解して良いと勝手に思っています。
これで一皮向けたら嬉しいですが、自分のものにできるかが勝負ですね。

今日、池田プロが勝ちましたが一緒に回っていた韓国のプロがとても良いイメージの素振りを行なっていました。全く微動だにしない下半身、かなり踏ん張っているのが分かります。

右足の外旋ですが、デジカメで見てもサッパリ足の動きは変わっていません。
変わったと見えるのは股関節が使えていることかな。外見からは分からないものですね。

話は全く変わりリボンですが、寂しいかな定番のようですね。

これからも宜しくお願いします。

ありがとうございます

こんばんは。
まだよくつかめませんが、手からやってみます。実は今日、下半身リードのつもりのスイングでは200ヤードしか飛ばなかったんです。手振りの志門流だと250ヤードのネットに届くのに。でも、下半身リードのスイングだと方向性が格段によかったので、この問題には、何かあるな、とは思ってました。まだいまいちつかめませんが、試行錯誤やってみます!

たかさんまいどです!!Re: どんどん分からなくなります

難しくないですよ!!
ここでの問題は本来の下半身リードとはまた違う事なんです。
下半身リードを否定しているのでは全くありません。

下半身リードとは、まず、ダウンで上半身から動いたらまずいと言う事です。
そして下半身もしっかり使うと言う事です。
決して下半身リードで腕はほっといても着いて来るわけではないです。
また、重心移動を利用しないとスイングできませんし飛びません。

しかし、勘違いはそれらを左右に「勢い、反動で揺さぶる」ことで行ってしまう事です。

これを止めるために、まず足を完全に止めて、手から始動しろと言う事なのです。
パターが最も分かりやすいですよ。
パターで下半身リードも重心移動使わないですよね。
揺さぶりますか? 反動を使いますか? 使いませんよね。

しかし、殆どのアマは下半身はかなり動く!!なぜでしょうか?

それは下半身リードを間違った方法の「揺さぶった勢い・反動」でクラブを上げ下ろししているからです。それがパターで露骨に出てしまうのです。

他のショットではそのブレが良く見えないだけです。
しかしそのブレはバンカー、ロブショットで露骨に出ます。

フォーワードプレスもそうです、それが重心を左右に振って揺さぶって始動の補助に使っっているケースが多い。

切り返しで「手を残す」役割は主に、脱力、自重落下、HWDからのスイング、によります。
しかし、多くの方は下半身を揺さぶって手を遅らせることによって「手を残す」と勘違いする事が非常に多いです。

そういうことですよ!!

パターで試してみてください。
私はこの意識だけでパターも確実に変わりましたよ。
マジで。
簡単ですが、変な手抜きの動きが長年の間に身に付いてしまっているのです。
むしろ、経験の長い人の方が始末が悪いですね。

たかさんは、きっと反動を使っていないのですよ。
始動で下半身全く不動で手から上げて違和感なかったら大丈夫です。
細かくでも左右にバタバタしながらじゃないと上げれないなら多少なりとも反動を使っています。
それはパターでもでてしまいます。

どうでしょうか?

おっさんさんこんにちは!!Re: とてもタイムリーです

> 私にとってもタイムリーです。「反動を止めるために足を止めて手を最初に動かせ」これって結構悩みますよね。特に切り返しでは手を残して下半身から始動したりしましたが上手くいきませんでした。

その通りですよね。テークバックは手から、足からとプロによって正反対ですからね。この決めかねる順番を「勢い」=反動で解決させて頂いたと思います。

ダウンもその通りですね。私は以前は左膝・左腰を少しスライドして切り返しと書いていましたが、最近ではずっとスライドなしの意識に変えてきました。
意識しなくても自然になるし、意識すると行き過ぎる可能性が大きかったからです。
結局これは、勢い・反動の結果としての揺り戻しだったのでしょうね。

ダウンでも「手を残して下半身リード」だと、殆どのアマが揺さぶりスイングになってしまうのでしょうね。脱力の結果として手が残るのと、体を揺さぶって手を遅らせるのは全く違いますよね。

> 以前書かれていました右足の蹴り。
> がに股で脚の裏を地面に押し付け右脚全体を時計と反対方向に捻り上げながらバックスイングするとダウンスイングで脚を時計方向に外旋できるようになりました。
> この辺りは解説と違いますが、左脚も外へ流れなくなりました(まだ精度に掛けますが)。

そう、分かっていただけましたか!さすが、おっさんさん!!
テークバックでは非常に微妙ですが、ダウンでは明らかに時計回りでがに股ですよね。
ちょっと実際の動きとしては非常に難解ですが。

いろいろ良く考えますね!!
開発して販売したらいかがですか?
おぢさんゴルファーさんもご自分で開発して販売されています。
http://www.rakuten.co.jp/kotobukigolf/438371/439170/1118039/#1192267

2個頂きました。
まだ娘には早すぎるのですが、もう直ぐ使おうと思います。
ジュニアスクールで結構使われているそうです。
大手量販店でもJyper'sにもあってびっくりしました。
素振り用だめですか。でもいろいろ試す姿勢は凄いです!!

どんどん分からなくなります

こんにちは。
下半身リードのスイングは通説でしょうけど、志門流では下半身リードは言われない。僕も、はじめ下半身リード、次、志門流でした。が、今日からまた下半身リードにしてみました。結果は、方向性がよくなったような気がします。でも、この記事を読むと・・・
吉田一誉プロは、スイングというのは、揺れる、という意味もあるから下半身から揺れろ、とおっしゃってたような・・・
安楽プロも、まず左に乗って、右乗って、下半身重視で打て、とおっしゃってた。
でもこの説だと、安楽理論の、まず左に乗るなんて説は否定されちゃうわけで・・・
難しいよ~笑

とてもタイムリーです

こんにちは。

私にとってもタイムリーです。「反動を止めるために足を止めて手を最初に動かせ」これって結構悩みますよね。特に切り返しでは手を残して下半身から始動したりしましたが上手くいきませんでした。

以前書かれていました右足の蹴り。
がに股で脚の裏を地面に押し付け右脚全体を時計と反対方向に捻り上げながらバックスイングするとダウンスイングで脚を時計方向に外旋できるようになりました。
この辺りは解説と違いますが、左脚も外へ流れなくなりました(まだ精度に掛けますが)。

ところでお嬢様用の練習器具、新体操用のリボンをヘッドに付けちゃうのは如何でしょうか。
私は不要なアイアンヘッドのトゥー側に付けてみました。長さとか工夫が必要ですがスイングプレーンが良くないとリボンが乱れます。
開発中の素振り器具はダメそうです。

24日(金)にラウンドが入っています。
今年の平均を下げないよう??ガンバってきます!!。
あッ、ゴルキチさんの画像、楽しみに待ってますよ。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR