ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

手が最初の追加説明です

 何人か質問を頂きましたが全前回の記事の「手が最初」という言葉に

語弊が出る可能性が高いとのご指摘も受けましたので説明致します。

「手が最初」と言っても「手で上げる」のではありません。

今まで上げるために使う筋肉は、正しければ何も変わりません。

ここでは詳しく触れませんが、手を上げる筋肉は「腕の筋肉」ではなく

「脇腹あたりの腹筋・背筋群」です。


例えば、パターは手首を固定して(青木プロの様に手首を天才的な

絶妙な感性で使える方は別ですが)肩の回転で打てと言いますが、

その肩を回すためには「肩の筋肉」は一切使いません。

上記と同じ「脇腹の筋肉」だけです。だから、パターでは

プロの腰から下は一切微動だにしないのです。

しかし、アマのパッティングでは足・腰かなり動きます。

これは、多かれ少なかれ本人が気がつかないうちに

「反動・勢い」を使ってクラブを振る習慣が身に着いて

しまっているからです。それがパターにも出てしまう。

結局、私もそうでした。


そういう自覚症状がない方は、足腰完全に固定して、

フォーワードプレスなしでテークバックをスタートすれば

良く分かります。

上げ難い、気持ち悪いと感じればフォーワードプレスによって

まず左に重心を移す事によって勢いをつけて、それを利用して

テークバックしているのです。

レッスン書でもフォーワードプレスを薦めているものも多いです。

それによって、動きを止めずテークバックに入り易いと。

しかし、副作用もあると言う事に気がつく必要があります。

僅かでも反動を使ってしまうと切り返し・ダウン時に左への

更に大きな取り返しのつかない大きな反動になって現れます。


もちろん、勢い・反動を使わなくても単に左右の壁が甘くて

スウェイする方もいますが、キッチリ壁を作れていても

スウェイが止まらない方は、このことに気がついていない方が

非常に多いと思います。


分かり難かったらコメントくださいね!!
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

脇腹の意識について

ゴルキチさん

はじめまして! いつも興味深く拝見させていただいています。

最近パターを脇腹の力だけで打つように意識してかなりストロークが安定してきました。
右脇腹でテークバック→トップで脱力→ヘッドの重さで打つイメージです。


そこで一点質問ですが、アプローチからドライバーのフルスイングまで、
テークバックは「右脇腹で」のイメージでしょうか。

このイメージで素振りをしてみたところ、今まで出来なかったトップでの自然落下が
意識せずともできるようになり、スイング軌道も安定する感じがしました。
いかがでしょうか。


また、アウトサイドエッジの記事も目からウロコでした!
今までどうしても右にスウェーしている感じがして、気持ち悪かったものが一気に解決です!!

これからも勉強になる記事を期待しています!

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR