ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

パッティングについて下手なりの考察

 丁度旬な話題で、パターについても書こうと思っていたので

ご紹介します。 かみふうせん さんからの御質問です。 


> はじめまして! いつも興味深く拝見させていただいています。

 はじめまして、御訪問、コメントどうも有り難うございます

皆さんのコメントは本当に参考になります

また、コメントが少ないと寂しいですからうれしいです


> 最近パターを脇腹の力だけで打つように意識してかなり
ストロークが安定してきました。右脇腹でテークバック→
トップで脱力→ヘッドの重さで打つイメージです。


 パターは個人の感覚があるので各自多様だと思いますが、

私はテークバックでは左側筋を主体に左肩で押します

そして、ダウンスイングも右側筋で押すより左側筋だけで引く

意識の方がスムーズで良さそうです

右側筋だけで押しちゃうと右サイドが出てスウェイし、ヘッドアップ

しそうですね
。ナイスなヒント有り難うございます


仰る通り、スイングスピードを常に一定にするためには、

脱力でヘッドの重さ、クラブ固有のスイングテンポを感じながら振る

ことが絶対に重要だと思います。

おかしくなった時でも、手本となる、帰るべきスイングテンポ

が常に手元にある
わけです。


 私の最近の変更後のパッティングも合わせて説明しますね。

椅子に座って両手を合わせて前に出して水平に左右に

振る時に使う筋肉だけを使います。
 肩、腕、手首の

3角形(5角形)は、一体のユニットで回ります。

脇腹の筋肉群以外は一切使わない様にかなり注意しています。

素振りでは右腕で球を転がすように距離感を出して、

振り幅と、転がる球のスピードをイメージして、

脇腹の筋肉群にインプットして、本振りでは脇腹だけを

原動力として、素振りを再現して打つようにしています。



そうしないと手首や腕や肩回りの器用な筋肉がでしゃばると

私の場合、手首の角度と三角形が崩れ一定になりません。


変更点1 左右の人差し指を伸ばす

右人差し指を伸ばして、テークバックでヘッドの慣性で

手首が飛球後方に折れないように、右人差し指がつっかい棒

になるように使っています


ヘッドは非常に重いので慣性で無意識にヘッドに引っ張られ、

手首が飛球後方に曲がるからです。テークバックで曲がると

反動と慣性でフォローではもっと曲がってしまいます。

ゆっくり振る事と、右人差し指でこれはかなり止まります。


しかし、右グリップはかなり弱めです。


しかし、右人差し指を伸ばすと問題も起きます。

今まではこれが嫌で人差し指を伸ばしませんでした。

インパクトで逆に人差し指で押し易くなり、

手首が飛球方向に折れ易くなるのです。

だから、脇腹以外絶対に使いませんし、右グリップはかなり弱めです。



ただ、逆にヘッドの動きを感じ難くなる可能性もあります。

そうなると間が出来ずに、切り返しが早くなる可能性があります。


これを薦めるプロも多いですが暫くテストですね。


右人差し指に対抗するように左人差し指も伸ばしました。

従って、左右の指で操作しないように、

いっそう脇腹以外の筋肉は一切使わないで、素振りの再現

手首角度の維持だけに徹します。



方向性について

方向性は右手のひらをフェース面と同方向にグリップして、

方向性を意識します。
 

右手のひらの方向性は非常に重要でフォロー後も維持します。

インパクト後もボールを追いかけるように右手のひらで

方向性を維持したままフォローを狙い方向に出していきます。


そうするとインパクト時にヘッドの芯を外した当たり負け

によるヘッドのブレを最小限にとどめ、ヒッカケ、押し出し

を大幅に防げると感じています。

右グリップはかなり弱めです。


変更点2 左グリップを浅く、フォローを出し易く変更

左グリップは左手甲=左手のひらをフェース面に一致させると

左脇がガバッと開いて、かつ、フォローがスムーズに出ません。

ですから、左右の手のひらをパチンと合わせるように

グリップしないで、左手甲が左足に向き下から浅くグリップ

するように変えました。

左手のひらが飛球後方ではなく、少し体の正面方向に向く

のです。そうすると左脇が軽く締まり、フォローが格段に

出やすくなります。

左グリップ少し強めて、左手首を完全に固定します。

フォローで左手首が折れたり、伸びたりするミスに

特に注意します。



変更点3 スタンスかなり狭く

アプローチはカップとラインに意識が行き、フォローが

出しやすい様にスタンス狭く、オープン目にアドレスします。

ですから、ヘッドの動き、ボールには殆ど意識は行きません。


ところが、パットは球と正対し嫌でもボールとヘッドの動きに

意識が行き過ぎます。

特にテークバックでヘッドの動きに捉われたら最悪ですよね。

カップやラインのイメージなんか全部消えちゃいます。



また、パターでもやはり右を向きやすいのでスタンスを狭く、

若干オープンでも構わない位の意識で、球やヘッドの動きより

ターゲット意識、フォローの意識を強くしました。




> そこで一点質問ですが、アプローチからドライバーのフルスイング
>まで、テークバックは「右脇腹で」のイメージでしょうか。


短いアプローチまでは脇腹だけで良いと思います。

それ以上でも腰の高さまではメインは脇腹でいきます。

フルショットに近くなるに連れてトップに上げるのに

使う筋肉が増えてきます。

私は左肩で押し上げて行きます。

トップは飛球後方遠くに上げるのでしんどいですよ。

また、右腕で体の遠くの決まったトップの位置に押し上げます。

物理的に、ゆっくり深く肩を入れれば切り返しの「間」が

出来ますし、インから下ろし易くなりますからね。


右手で引くと手先で上げてしまうので良くないと思います。

トップも右肘の位置をピタッと決めてから切り返しです。


> このイメージで素振りをしてみたところ、今まで出来なかった
> トップでの自然落下が意識せずともできるようになり、
> スイング軌道も安定する感じがしました。いかがでしょうか。

 脇腹メインで単純化できたのが良かったのでしょうね。

オンプレーンでトップもオンプレーンに収まっているので

ストンと自然落下出来るんですよ。


> また、アウトサイドエッジの記事も目からウロコでした!
> 今までどうしても右にスウェーしている感じがして、
>気持ち悪かったものが一気に解決です!!
> これからも勉強になる記事を期待しています!

良かったですね!!

私も一気に解決で次のラウンドが楽しみです。

思い込みって怖いですね

やっぱり長期間つける良いコーチが必要ですね

頑張りますね!宜しくお願い致します。
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR