ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

壁はアドレスからアウトサイド加重で作る

 がに股とアウトサイドの壁ですが遼君の写真で良く分かります。

足裏全体に重心をかけていますが、赤線の様にがに股ぎみで

靴のアウトサイドにより強く加重しています。

インサイドに加重するなら、膝はもっと内側になります。

石川遼 1
(後ろのかったるいおやじ2人がスゲー邪魔ですが)

 トップ一瞬手前。テークバックにより黄色矢印の様にアウトサイド

に強く慣性が働いていており、靴の構造上ソールは全面が水平で、

地面に接している為、インサイドエッヂで壁を作るのは不可能。

がに股スタンスで明らかにアウトサイド加重の踏ん張りで壁を作ってる。

背景で分かるが、最初からアウトサイドに圧力をかけているため

右膝の位置は全く不動のままで済む。


石川遼 2

 一方、写真のフォローでは靴のインサイドがめくれ上がり、

アウトサイド加重で壁を作っているのが露骨にわかる。

これも黄色矢印の更に強烈な慣性がアウトサイドに働くため

靴がめくれ上がる。この状態でインサイドで壁を作ろうと

インサイドに加重していれば間違いなく靴の幅だけスウェイする。


靴がめくれないプロの方が多いが、めくれないだけでアウトサイド

にかなりの圧力がかかっていることに変わりはない。

石川遼 3
 
 昔からインサイドエッヂで壁を作ると教わってきたが全くナンセンス。

遼くんや多くのプロは、明らかにアドレスからがに股で

アウトサイドの壁作りの準備をいている。

そのため、慣性によってかなりの圧力がアウトサイドにかかっても

微塵もスウェイしない。



 実際にスイングで比べてもがに股でアウトサイド加重の

アドレスの方が遥かにスウェイしません。

全くスウェイしないばかりか、より簡単に、遥かに強固な壁が出来ます。

さらに靴幅分スイングアークが左右横に広くなるのが良く分かります。

恐ろしい常識がまかり通っていたものですね。


 話が変わりますが、遼君はスイングなりにきれいに視線が

上がっていきますね。これなら首を痛めずに済みます。

「ビハインドザボール」と「頭を無理に残す・視線を残す」

は全く違います。首の力で壁は間違っても出来ません。

頭だけを意識すると確実に首を痛めます。

頭の位置は単なる結果の目安で、左足を伸ばしていき、

右肩を残し、右腕を伸ばしていかないとビハインドザボール

になりません。

左足を伸ばしていかないと左壁も出来ません。

「左足を伸ばすのは間違い」というレッスンが多いです。

しかし、左足を伸ばすといっても、当然毎回完全に左膝を伸ばし切る

のではありません

当然クラブ、振りの強さ、球筋によってインパクトの左膝

の角度は調節します。

非常に強力なスイングの慣性に抵抗するのですから。

インパクトの瞬間には左膝が曲がっていても、

単に伸ばして行く途中、もしくは程度の問題なのです。
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

アドレスの基本

いつもご回答ありがとうございます。全ての基本のアドレスの注意点を教えていただけますでしょうか。前に出っ尻とか読んだような気がするのですが、まとめて網羅されているものがあればご紹介ください。宜しくお願いします。

ski_golf さんおはようございます!!Re: タイトルなし

日曜日に早朝からコメントありがとうございます!!
今PCいじりながらネットで買ったゴルフシューズの宅配を待ってます。
あさって使います。ミズノの特殊なスパイクがアウトサイドへの踏ん張りに対して非常に強いのです。
店頭で履いて踏ん張ると直ぐに分かります。
アディダスなんかミズノに比べるとグニャッとずれますね。
思わず昨日ミズノの本革シューズポチッちゃいましたよ。
あさっての目標は兎に角ロング4つで絶対に+2以下で収めることです。

> 防衛ラインをインサイドで意識し、右膝が逃げないようにすると、
> どうしても右腰が引けやすい回りすぎやすいデメリットがあるように感じます。

その通りです!!右腰を後ろに引く、もしくはヒップターンしないと防げないんですよね。
本末転倒ですよね。
防衛ラインって良い表現ですね!!今度から使わせていただきますね。ありがとうございます。

> 当然この動きはオーバースイングにも繋がってしまいますし、
> 僕の課題としていた点が幾つか治ってきました。
> 腰を回しすぎないなんて、腰に対する意識では改善不可能ですからねえ…
> 僕にとっては本当に素晴らしい爆弾レッスンでした!

良かったですね!!スキーヤーはやっぱりこの罠にははまりますよね。
確かにオーバー、クロス、近くて、小さいトップになりますよね。
私にとっても大事件でしたよ。
一気に余計な動きも必要なくなり、スイングが一気に単純に、強固になりました。
ハンデ3つくらいの価値ある大発見ですよね。

おっさん おはようございました!!Re: ズボシみたいです

> 手首の維持がたりなかったのかもしれません。

> >テークバックで一度手首が伸びる方が非常に多いです。

> 先ほどチェックしてきました。確かに伸びていたようです。脱力し過ぎですね。
> 手首とフェイス管理を集中して意識してDRを打っていましたが、かなり良い感じです。ついついブッ叩いてしまいました。叩いても曲がらないので叩きすぎました。

脱力といっても、手首を柔軟といっても手首の維持はかなり大切ですね。
角度維持と柔軟にする方向、範囲が違うんですね。
超スロースイングで確認できます。慣性が少なくなりますから。ヘッドってかなり重いんですよね。
かなり支えないと慣性で地面に落ちるし、勝手に加速してしまいます。

> トップの形、更に磨きを掛けていきます!!

シャフト、グリップ、両肘がオンプレーンなら自重落下で100%重力とテコを利用できますからね。
下手を固めるためのレンジ練習も要らない、ひたすら正しいトップを固める素振りだけで良いのですから簡単です。
飛距離、精度、再現性 全てトップが命ですよ。
トップを治さないとダウン以降の修正で何年も何十年もとんでもなく苦労します。

> やることが多すぎて困ってしまいますね。益々ゴルフにはまってしまいます。

確かに考えることは死ぬほどありますね(笑)
でも、結果的にはやることを減らすために、簡単にするために今頑張っているのです。
ゴルフは難しいですが、逆にアマレベルなら努力すれば年齢に関わらず絶対に目標は達成されますよ!!
我々は体力的にも近道を行かないといけないですからね!!

うさぎさんおはようございます!!Re: とってもわかやりやすいです

> 昨日のラウンドでは、最初違和感ありすぎて
> クラブがあがらなかったんですよ~。
> あまりの違和感にワクワクしました。
> 今日はうちっぱで試しました…
> ウヒヒ ちょっと上手になれるかもですv-221

そんなに違和感ありますか?
がに股の形は全く無視して、重心だけ外に動くものなのだと思えば
自然に体が反応すると思いますよ。
2、300打って、数ラウンドすれば馴れますよ。

間違いなく飛ぶようになりますよ!!

防衛ラインをインサイドで意識し、右膝が逃げないようにすると、
どうしても右腰が引けやすい回りすぎやすいデメリットがあるように感じます。
当然この動きはオーバースイングにも繋がってしまいますし、
僕の課題としていた点が幾つか治ってきました。
腰を回しすぎないなんて、腰に対する意識では改善不可能ですからねえ…
僕にとっては本当に素晴らしい爆弾レッスンでした!

ズボシみたいです

こんばんは。

早速ご返事ありがとうございます。

>ある程度スイングが固まったら、トップが全てです!!

周囲に方は何が不満があるのかと言われますがトップでかなり悩んでいました。クロスする癖はかなり改善されていますがまだまだと自覚しています。アップライトでフラットなトップを作りたいのですが難しいですね。軌道もフラットになり迷っている最中です。

>左脇が甘いか、インに引き過ぎて三角形が右に崩れませんか?

スタートホールではDR真っ直ぐFWど真ん中。そこから左足あがりのセカンドは頭叩きの尺取虫でアイアンで頭叩きは記憶にありません。あおっていたのですね。左足下がりのライからは上手く打てていましたので間違いないと思います。アプローチも思うようにコントロールできなかったのですが手首の維持がたりなかったのかもしれません。

>テークバックで一度手首が伸びる方が非常に多いです。

先ほどチェックしてきました。確かに伸びていたようです。脱力し過ぎですね。
手首とフェイス管理を集中して意識してDRを打っていましたが、かなり良い感じです。ついついブッ叩いてしまいました。叩いても曲がらないので叩きすぎました。

トップの形、更に磨きを掛けていきます!!。
クラブ固有のテンポ、アプローチで掴みかけてたものでそこに意識過剰だったのかもしれません。超スローモウションアプローチは無駄な動きがないんですが。
でもここまで見てもらえるインストラクターは自分の周りにはいませんよ。

やることが多すぎて困ってしまいますね。益々ゴルフにはまってしまいます。

とってもわかやりやすいです

そうですよねっv-63

このO脚の感じがアウトサイド加重ですね。
藍ちゃんなんてもっとガニー型でした。

昨日のラウンドでは、最初違和感ありすぎて
クラブがあがらなかったんですよ~。
あまりの違和感にワクワクしました。
今日はうちっぱで試しました…
ウヒヒ ちょっと上手になれるかもですv-221
ありがとうございます。

おっさん さんこんにちは!!Re: 報告とスイングプレーンについて

間違っていたらゴメンナサイね!!
でもこれは非常に重要ですから。

>アイアンはトップばかりでした。

フラットと言う事ですが、アンダーになってないですか?
シャフトは寝たら絶対にアウトです。
ある程度スイングが固まったら、トップが全てです!!

左脇が甘いか、インに引き過ぎて三角形が右に崩れませんか?
アップライトに上げてフラットなトップなら良いのですが、
アンダーで上げてレイドオフではシャフトが寝るだけです。
寝るとインサイド下からあおり打ちになります。
上手くフェースローてションできればドライバーは真っ直ぐ飛びますが、
アイアンは絶対ターフが取れません。

トップでミスるとプロでもダメです。
超スロースイングはトップ、プレーンを確実にする意味もあります。

>アプローチも乗せるだけになってしまい難しいパットが残りました。

天気予報が雨だと高いところにカップを切るので難しくなりますよね。
2グリーンなら恐らく高麗でしょうから益々重くなって相当突っ込んで強気に行かないと難しいですよね。

> 付け焼刃のガニ股アドレスは見事に粉砕されましたが、DRの手ごたえはありました。

DRが良くてアイアンがトップなら全体的にアッパースイングだったのでしょうね。
極端なガニ股の影響でしょうか。膝の位置の違いはほんの僅かですよ。
アドレスしてインサイド加重とアウトサイド加重を交互にやってみると分かりますが膝の動きは1cm強位です。膝を内側に閉めているか閉めていないかの差です。

ドライバーは自然に足が蹴るので、ドライバーも意識はダウンブローです。
頭を下げて一生懸命下に圧力をかけます。

> また残念ながら超スロースイングの意識は本番ではイメージ出せませんでした。

これは確実に狙うショットですが、かなり練習しないと難しいです。
超スロースイングで出来るだけ飛ばさないスイングから、少しずつインパクトゾーンの角速度だけを上げる練習で身に付きます。ゆっくりテークバック、自然落下で下ろしてインパクト直前から加速していく練習です。
自然落下、自重落下、深いタメ、シャフトのしなりの利用が体感できます。

> 線上よりフラット方向へずれています。グリップは僅かですが
ヘッドはかなりフラットになっています。地面と平行になったあたりからズレていきます。

アドレスの手首の角度=腕とシャフトの角度を維持するように上げてみてください。
テークバックで一度手首が伸びる方が非常に多いです。伸びるとヘッドが垂れてアンダーに、フラットに上がります。
インサイドから下ろそうと言う意識が強いのかもしれませんが、いかがでしょうか?
オンプレーンのトップから真下に、シャフトをほぼ縦に、タメて自重落下で下ろして初めてインサイドから下ります。手でインサイドから引き下ろそうとするとシャフトが寝るケースが多いですね。
シャフトが寝るとインサイドインにならず、インサイドアウトになってしまいます。

トップは飛球線に対して平行なトップの右腕の形を完全にインプットします。
娘の練習でもトップの位置は毎ショット注意します。
間違ったトップでは絶対に上手くいきません。
上手くいくならダウンで変な調整をしているからです。

何はともあれ毎ショット注意するべきはトップの位置、形です。
球の行き先じゃないです。

> 素人的にはスイングプレーンが変われば使う筋肉も違ってくると思うのですが。
実際に使う筋肉と意識がずれるとタイミングに表れるようにも感じます。

全く変わります。
オンプレーンのトップからはただ真下に下ろせば良いのです。
HWDまで放って置けば良いいのです。

しかし、クロスか寝ていれば、下ろす前にワンモーション余分にオンプレーンに戻さないといけません。
戻す間に体は先に行き過ぎていて待てません。振り遅れます。
そんな事は無理ですし、ムダですし、下手を固める事になります。

兎に角、左右の肘の間隔を確認して(3角形でボールを挟んで)飛球線と平行なトップを毎回確認してください。
正しいトップのシャフトの上体をを感じ取ることは、それ程難しくないですよ。
そのときの両脇、両肘、右腕の状態を確認して叩き込みます。

A.スコットのテークバック参考になりますよ。
http://www.golfdigest.co.jp/magazine/tournament/players/swing/tse000000026503.html

間違っていたらごめんなさいね!!

報告とスイングプレーンについて

こんにちは。

早速ですが昨日のラウンド結果です。雨は降りませんでしたがバンカーは固くフェアウエイには水もたまり気味でした。

□□■△--△△△ 47 17パット 
FW=4/7

■△○---△△△ 42 16パット
FW=3/7
トータル89 パット数33 FWキープ率50%  パーオン率27.7%

トリが痛いです。アイアンはトップばかりでした。アプローチも乗せるだけになってしまい難しいパットが残りました。付け焼刃のガニ股アドレスは見事に粉砕されましたが、DRの手ごたえはありました。ガニ股で足裏全体荷重の意識で右膝が前に出てしまうことが数回ありました。シャフトが寝てしまったためと思います。
また残念ながら超スロースイングの意識は本番ではイメージ出せませんでした。

そこでスイングプレーンについて質問なのですが、おぢさんゴルファーのブログに腕とヘッド軌道について説明がありました。
飛球線後方から見たとき腕の軌道はグリップから肩を通る線上。ヘッドはボールから首を通る線上をトレースするように書かれていました。私はその線上よりフラット方向へずれています。グリップは僅かですがヘッドはかなりフラットになっています。地面と平行になったあたりからズレていきます。

以前こちらのブログでも壁を背にしてアドレスし壁にヘッドが当たらないようなスイングプレーンが紹介されていましたがその動きと同じと思います。
素人的にはスイングプレーンが変われば使う筋肉も違ってくると思うのですが。実際に使う筋肉と意識がずれるとタイミングに表れるようにも感じます。

ゴルキチさんのイメージは如何なものでしょうか。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR