ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

大きいフィニッシュは誰でも可能か?

 大きいフィニッシュには柔軟性、筋力、足腰の強さが必要か?

いいえ、必要ないです。誰でも出来ます。

大きいフィニシュが取れればヘッドスピード、精度、再現性、

全て確実に良くなります。


コンパクトなトップの飛ばし屋は沢山いますが、

小さいフィニッシュの飛ばし屋、トップアマは皆無です。



 簡単な方法は、兎に角水平素振りです。

何も考えなくても肩の高さで水平に首に巻きつくように水平素振り

をすれば誰でもローテーションして振れます。


それが正しいローテーションです。

体の構造上ローテーションしなければ振れないのです。


それを巷の勘違いさせるレッスンの様に

ローテーションしないで振ったら両肘が引けるだけでスムーズに

水平に振れないし、首に巻きつきません。

両肘の間隔は終始一定なのです。



 水平素振りをそのまま前傾すればほぼ正しいスイングになります。

誰でも首に巻きつけられる筈です。

そのままトップでは胸を飛球後方に向け、

フィニッシュで飛球方向より左まで柔らかく振れば大きなフィニッシュ

の完成です。

両肘間隔を締めて、重いウェッジ(クラブは短いほど重い)の

ヘッドの遠心力に引っ張られれば、体は確実に意思以上に回ります。

自分がタコの様に軟体動物になったつもりで全身脱力して、

スタンスを狭く
してヘッドに振られてみて下さい。

フィニッシュでシャフトが水平に首に巻きつけば勝手に

飛球方向にほぼ平行になります。

コツは首に巻きつけることです。


 同じテンポで1でトップ、2でフィニッシュまで振ります。

フィニッシュで3秒止まります。

「3秒止め」を頑張って続けて習慣化する事が出来れば完璧です。

ストレッチ、土台強化トレーニングになります。

本番でもそれが出来れば決して力まず再現性が遥かに高くなります。



同じ所要時間で、3倍の移動距離(正しくは角移動量)を振る事になります。

決して速く振ろうと思ってはいけません。速く振ろうと思った瞬間に

全身力みます。力むと確実にフィニッシュに辿り着きません。

「1,2」と言って同じテンポで振れば自然にヘッドスピードが

速くならざるをえないのです。

テークバックもゆっくりにならざるをえない筈です。



何度も大きいフィニッシュの最後まで振っているうちに、

何も考えなくても、インパクトゾーンでのヘッドスピードが

上がっていくことが分かる筈です。

そして、更に肩が開く前に脱力でグリップを真下に下ろしてタメが

できると更に簡単に速くなり正確性が格段に増すことが分かります。

角速度が上がるのです。

遼くんと薗田プロのスイングは非常に対照的で面白いですね。

薗田選手はスタンス狭く内股気味でインサイド加重で、

非常にゆったりスイングで腕の動きが良く見えます。

タメで角速度を徐々に加速して、完璧にミートしています。

遼くんのド迫力スイングと全く逆ですね。

しかし、飛距離能力は薗田選手の方が上です。

もちろん体格差が大きいですが。

薗田峻輔178cm85kg 石川遼174cm68kg。

トップアマは殆ど薗田プロタイプのスイングです。

腕はゆったり振っているのに、行って見ると飛んでる。

そういうスイングは曲がりませんね。

強いスイングです。
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

タイガーカムバックさんおはようございます!!Re: 右腕の伸び

> 今更ながら、右腕は伸ばそうとして伸びるんじゃなくて、伸ばされて伸びるんですね(笑
> 脱力ができていないと、そうはなりませんよね。

そうなんですよね。特に左サイドで打つ意識だと左腕を力みがちです。
脇は閉めますが腕は肩からぶら下がっている様にブランブランにしないと走りませんね。
そうなると低く長いインパクトは腕の役目ではなく、前傾、左肩、頭の高さがキーです。
右腕が力むと右肩支点になり左肩が早く開き、押し上げられます。
左腕が力んでも左肩が上がります。

> 今回の記事を読んで、またドキッとしました。
> 以前わかったつもりでいたことが、いつの間にかまた忘れている(愕
> この繰り返しですわ(涙

そう、私も自分で書いたことも忘れてますよ(笑
ネットで検索して自分の記事しか出てこなくて読んで感心することがたまにあります(爆
いつもラウンド時に沢山の注意点を持って歩きますが見たことないです(笑
だからその日のテーマを3つ位いつも明確に持っていかないとムダになってしまいます。

> PS;最新記事の方で、踵体重の是正を書かれていますが、流石です!
> あっさり認められる勇気、敬服します(笑
> 僕も気になったものですから、少しだけ書いたのですけどね!?(笑

いや、そんな誉められる事じゃないですよ。ただの試行錯誤のへたっぴですよ。
主張をころころ変えられるのがアマチュアの特権ですよね(笑
ティーチングプロが「やっぱ変更」じゃヤバイですよね。
でも、ツアープロ自信もスイングは毎年どんどん変えてますからね。
本来スイングは進化、または体の退化と共にどんどん変化すべきですよね。

だから論理的に説得力があって、自分で立証できる理論なら進化していくことは
ウェルカムだと思います。
完璧なスイングの選手などいないのですから。

踵加重については、私の場合以前は拇指球に近かったので実はかなり前加重過ぎたのです。
それを以前の前加重に比べて少しだけ踵寄りの足裏全体にしていました。
以前が前だった故にかなり踵に感じますが、実際はスキー感覚ではしっかり前後のド真ん中です。
しかし、アドレスでは腕が前にあるので後ろに出したお尻とバランスが取れるのですが、テークバックすると腕とクラブが背中側に慣性が付いて移動します。するとアドレス時の前後のバランスが大きく崩れます。 ここで腕の振りに伴って少し前加重に移って前後のバランスを取らないといけないのです。もしくはテークバック時に右膝を確実に固定できる、自分に最も合う重心位置を探して最初からそこに置くのが良いのかもしれないですね。

プロに言われたように「右膝と腰の2点を完全に固定する」には、少しでも重心が踵寄りに移り右腰が引けると右膝、右膝角度が動きます。

また右膝はトップの位置でも変わります。同じ重心位置でもインサイドに引きすぎると腰が引けます。
また、同じトップの位置でもテークバックが速過ぎると慣性で腰が引け、右膝が動きます。

ゴルフは難しいですね!!

右腕の伸び

ゴルキチさん、またまたありがとうございます。
大きなフィニッシュに取り組んでいますよ(笑
たまにですが、自分でも今のカッコいいんでない?ってくらいフォローで右腕が真直ぐに伸びて大きなスイングができることがありました。
一生懸命に、再びそうなることを目指して大きなフィニッシュをとろうとしていました。

今更ながら、右腕は伸ばそうとして伸びるんじゃなくて、伸ばされて伸びるんですね(笑
脱力ができていないと、そうはなりませんよね。
今回の記事を読んで、またドキッとしました。
以前わかったつもりでいたことが、いつの間にかまた忘れている(愕
この繰り返しですわ(涙

PS;最新記事の方で、踵体重の是正を書かれていますが、流石です!
あっさり認められる勇気、敬服します(笑
僕も気になったものですから、少しだけ書いたのですけどね!?(笑

ゴルフェスさんはじめまして!!Re: すばらしい

> ブログですね。

有り難うございます!そういっていただけると光栄です!!

> 私もゆったりスイングで練習中です。以前より飛距離が伸びたような気がします。
> DRだけのことですが左おしりを引く動作を意識してからは、方向性共良くなってきました。

FWキープ率を上げないと平均スコアはアップしないですね。
飛距離よりもコースマネージメントを重視しないと。
常にゆったり振るのは本当に難しいですね。

> 質問なのですが、アイアンショットでも水平素振りの前傾姿勢のイメージなのでしょうか?
> アイアンはダウンブローで打つつもりで玉よりターゲット側にリーディングエッジが最下点がくるようにスイングしているのですが
> 打感が悪くトップ気味です。そこそこ真っ直ぐには飛びますが、左右のずれより前後のずれが大きいです。(7I)

トップすると言う事は上がるのが早いということです。
低く位長いインパクトゾーンは上級者でもいつまでも大きなテーマです。
前後のズレは入射角とバックスピン量によります。
入射角がずれてトップが出るということはステープに入ってアッパーに抜けてインパクトゾーンが短いという事だと思います。
まず、「ダウンブロー」とは「スティープ」な軌道ではありません。単に最下点が球の先ということです。インパクト後もヘッドが下方向に動きます。そうするとリーディングエッヂをかなりボールの上に入れてもボールはフェースの上を滑るのでトップしません。
ところが軌道がスティープでダウンブローのつもりでもインパクト直後にアッパーになるとボールはフェースの上に乗りません。それがトップの現象です。
ヘッドを下に押し込めば必ずボールはヘッドの上を滑り上がります。

縦の距離を合わせるためには入射角を一定にしてスピン量の誤差を減らす必要があります。
理想的なヘッド軌道はドライバーもアイアンもシャローな軌道です。
違いは最下点がボールの前後に変わるだけです。
そのためにグリップをアドレスの高さに早く下ろしきること!!これが最も大切です。

あとアイアンの場合は距離が必要ないクラブほどアドレスからスタンス狭く左足加重になって行きます。
そのほうが最下点を球の先にし易いからです。
左足加重で左サイドで振れば最下点は左に行きます。
逆にスタンス広く、体重が右に残り、右サイドで打つと最下点を左にすることは非常に困難になります。
また、ボールポジションも非常に重要です。
結構、左に置きすぎている人が多いですね。特にフェアウェイウッドは左すぎてトップする人が多いです。

また質問くださいね!!

すばらしい

ブログですね。

私もゆったりスイングで練習中です。以前より飛距離が伸びたような気がします。
DRだけのことですが左おしりを引く動作を意識してからは、方向性共良くなってきました。

質問なのですが、アイアンショットでも水平素振りの前傾姿勢のイメージなのでしょうか?
アイアンはダウンブローで打つつもりで玉よりターゲット側にリーディングエッジが最下点がくるようにスイングしているのですが

打感が悪くトップ気味です。そこそこ真っ直ぐには飛びますが、左右のずれより前後のずれが大きいです。(7I)

アイアンショットの基本の打ち方のイメージをご教示いただければ、うれしいです。
よろしくお願いいたします。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR