ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

アッパー軌道でも ビハインドザボール で 必ず意識はダウンブロー

 HWD(シャフト水平)では右足前でグリップは最下点まで

下ろし切りインパクトゾーンまでグリップは水平に動く。


ヘッド軌道はボール手前で最下点を迎え、徐々に上昇する

シャローなアッパー軌道が理想だが、

アッパー軌道を意識した途端にグリップは必要以上に

どんどん上昇し、確実にスイングは地獄に落ちます。


ビハインドザボールがしっかり維持出来ると、

むしろ逆にかなりダウンブローを意識して

頭・上体をフォローまで低く維持しないと

グリップ・ヘッド軌道を低く維持できない。



更に、グリップを低く維持する秘訣は

インパクトでコック・タメがまだ残っている状態を維持した、

ハンドファーストが必須です



リリースが早いとインパクトでヘッドが先行しフェースが

上を向いてバックスピンが急増します。

それがハンドレート=ヘッドファーストです。

バックスピンが減らない方は、ここに問題があるケースが

非常に多いです。これは超高速写真で撮らないと

自分では気がつきません。

フェースが開き易いので非常に多いバックスピンで右にふける

球が出易いです。これを嫌ってもっと右手首でこねると

フェースが閉じてインパクトするため右へのフケ球が

フックボールになります。

これで修正できたと思っていてもバックスピンは減りません。

このパターンで止まっている中級者が多いですね。

アーリーリリースを助長し、ヘッドファーストになる超悪循環です。

ここに気が付かないと一生飛ばないし、スコアアップしません。

無間地獄です。だからタメが超重要なのです。



また、腕を完全脱力してゴムの様に伸ばしきらないと

グリップは低く長く動きません。


腕が力んだ瞬間に腕が縮んでアッパー軌道になります。

特に右腕が力むと右肩支点でドアッパースイングになります。



低く長いグリップ・ヘッド軌道は想像より遥かに高度で複雑です。

それを達成しようとした結果できたスイングが下の写真です。

アッパーブローどころか上体は完璧に超ダウンブローです。

これが現実のヘッド軌道と意識の大きなギャップです。

p・ミケルソン
ミケルソン
ポーラ・クリーマー
ポーラクリーマー10
カミロ・ビジェガス
カミロ・ビジェガス

1、タメを維持する事=ハンドファースト

2、腕脱力で左肩支点(=右腕脇役、左腕主体)でゴムの様に伸ばし

3、思いっきり頭、上体、前傾、グリップを低く維持して

低く長いインパクトゾーンで加速しながら球を押し切る



そうしないと、球を擦り上げ、余分なバックスピンを山程かけ、

フェース面も上を向いて開いたり、引っ掛けたりで

真っ直ぐ維持できない、飛距離も方向性も格段に落ちるスイング

は修正不可能です。

小田孔明
小田孔明34
小田孔明4
小田孔明54
小田孔明5.5
小田孔明 5.6
小田孔明62
小田孔明72
小田孔明83
小田孔明8.5
小田孔明8.7
小田孔明9
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

Re:和歌虎さんこんばんは!!

ゴルキチさん

こんばんは!

コメントの返信ありがとうございます。
記事も含めて勉強になります。

>それで写真載せたんです。
>ドラコンでヘッドスピードアップで皆さんをあおりましたからね。
>皆さん怪我に注意して頂こうと思って。

本当にゴルキチさんのギブス姿の画像を思い出しましたよぉ!

>頭の位置で結構スイングが変わると思いますので
>木曜日注意してくださいね!
>頑張ってください!!

良い報告出切る様に頑張って来ます!!

和歌虎さんこんばんは!!Re: 練習行ってきました!

> 前回の記事に有ったトップでの「入る」という字と
> 左足からグリップに繋がったゴムのイメージを意識して

> 各番手毎にターゲットを決めて球筋をイメージして1球ずつ
> 素振り→素振り=トップの位置での頭の位置(背骨の傾き)を
> 確認してアドレスで同じ頭の位置(背骨の傾き)にすると
> 違和感なくアドレスが出来てバックスイングがスムーズに行き
> ショットの確率がぐぅ~んと良くなりました。
> (その中でのミスショットは殆どがドフックでした。)

良い感じで良かったですね!!
本来ゴルフの動きはプロにとっては殆ど無意識なんでしょうね。
子供にとってもそうです。

我々おやじ達はその無意識の動きを言葉で覚えないとなかなか習得できない。
それが逆に上達を妨げている事も多いと思いますが、それでもやってみないと進歩がない。
我々が目標とする行き着くところはやはり無意識の世界に近付く事なんだと思います。
いかに言葉を超えてシンプルに感性で習得するかだと思います。
上達のためには素振りでイメージすることが最も重要で、
良いスコアで回るためには、どんなに緊張状態でもその素振りを、
常に完璧に再現できるメンタル力だと思います。

肩がしっかり入りインサイドから下りるようになったので
球が捕まるようになったのだと思います。
もし、今までフェースを返して捕まえていたら引っ掛けます。
若しくは、肩がすんなり回るのでテークバックがインに入りすぎることが非常に多いです。
アダムスコットの様に早めにアップライトに上げる意識が必要になります。
絶対にインサイドにアンダーに上げないように注意してくださいね。

> 今日は150球位で背中左側(肩甲骨の下あたり)に違和感を
> 感じたと思ったら痛みが出て来出したので残り球を
> 隣のおじさんに差し上げて帰って来ました。
> 木曜日にラウンド予定がありますので2,3日様子を見て

そーですよ!!
違和感を感じたら直ぐ中止!!
私の様に無理したら怪我に繋がります。

それで写真載せたんです。
ドラコンでヘッドスピードアップで皆さんをあおりましたからね。
皆さん怪我に注意して頂こうと思って。

頭の位置で結構スイングが変わると思いますので
木曜日注意してくださいね!
頑張ってください!!

練習行ってきました!

ゴルキチさん

こんにちは!

いつも丁寧なアドバイス本当にありがとうございます。

早速、雨の中レンジに行ってきました。
前回の記事に有ったトップでの「入る」という字と
左足からグリップに繋がったゴムのイメージを意識して
ゴルキチさんのアドバイスから自分なりに試してみたのは

各番手毎にターゲットを決めて球筋をイメージして1球ずつ
素振り→素振り=トップの位置での頭の位置(背骨の傾き)を
確認してアドレスで同じ頭の位置(背骨の傾き)にすると
違和感なくアドレスが出来てバックスイングがスムーズに行き
ショットの確率がぐぅ~んと良くなりました。
(その中でのミスショットは殆どがドフックでした。)

今日は150球位で背中左側(肩甲骨の下あたり)に違和感を
感じたと思ったら痛みが出て来出したので残り球を
隣のおじさんに差し上げて帰って来ました。
木曜日にラウンド予定がありますので2,3日様子を見て
練習を再開しようと思っています。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR