ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

側筋(腹斜筋主体)で上げる

 スコアメイクさんから腹斜筋でテークバックを始動する

事について質問がありましたので回答致します。

 図解速成目からウロコのパット術 著者: 田原紘の紹介で

丁度この53ページに絵と説明が出ていましたのでご紹介します。

側筋 パッティング1


ここで言う「側筋」とは、腹部の横の部分を指していますますが、

まず「側筋」という筋肉自体は存在しません。

「側筋」のメインである「腹斜筋」という筋肉はありますが、

この筋肉は、体をねじったり横・斜めに傾ける働きをします。

 一般的に「腹斜筋」と言うと、大雑把に下図の

外腹斜筋、内腹斜筋、腹横筋、腸腰筋を含みます。

体を真横に倒す時はこの腹斜筋と背中の方にある「腰方形筋」

という筋肉がともに働いて体をコントロールして倒します。


田原紘上プロの解説は背中側は「腰方形筋」を特に意識する

ように言っていますが、「腹斜筋」を中心とする「側筋」全体

の中でも前と後ろを区別して意識するんでしょうね。

腰方形筋

青で囲んだ上の腰方形筋と下の外腹斜筋、内腹斜筋、腹横筋、

腸腰筋
が一般に大雑把に言われる「側筋」や「腹斜筋」に含まれます。

側筋

パターに限らず、ショットでもテークバックするとき、

ダウンするとき共に「側筋」を意識すると、

腕でひょいと上げることが全然間違っている事が良く分かります。

しかし、腕で振らないからボディーターンや下半身リードだ、

とは全く言えません。むしろ体はできるだけ不動に近く、

主役のクラブと腕だけ振ります。


ただ、腹筋、背筋と大きい筋肉は不器用なゆえに再現性が

あっても繊細なタッチ、距離感は出せません。

したがって右手の距離感と側筋の再現性の両方をうまく

使うと効果的ですね。
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

うさぎさんおはようございます!!Re: タイトルなし

うさぎさんの様に常に前向きで一生懸命な姿勢には本当に敬服いたしますv-237
スイング改造は大変ですが、それがゴルフでしょうね。
1つ1つの動きが意識から無意識に変わっていけば良いのですが、うさぎさんのような上級者でも多少は時間がかかりますよ。
その時間は完璧に理屈が分かっていればより早いでしょうし忘れませんよね。

腕と体の動きは連動しますが、一体ではないです。ここが難しいところですよね。
下半身不動で腕を上げる。しかし腕で上げてはいけない。普通こう言われると動けなくなるでしょう。
でも体の両サイドの側筋である腹斜筋だけを使えば外見上体は全く不動でも8時までは腕は上げれます。
この意識がないと必ず始動で足腰一緒に僅かに動いてしまいます。体と腕の動きが一体化しているからです。
切り離さないといけない。
一体化していると、ここぞと言う重要な緊張した時にその「僅か」が大きくなります。
スウェイ、伸び、引けに繋がります。
しかし、本人はそれに気が付きません。他に原因を探してしまいます。

バランスディスクを子供の練習で使おうと買ったのですが、
この長所はバランスが悪いので
踏ん張る。この踏ん張る足の形は非常に合理的な形になります。
足裏全体で前後左右にずっと重心を動かしながらバランスを取るので
膝の角度など足の形がバランスを取る為に全て理想的になります。
そしてスイング中足腰、体を動かせない。前傾も崩せない。
下手に動くとバランスが崩れるからです。
だから当然両足踵なんか上げられない!
しかもヘッドアップも出来ない。
それらを意識して確認してから、地面で打つと
踏ん張るとはどういうことか分かります。

お持ちでなかったら良いですよ!!
多分ジャカルタでも大手スポーツ店ならトレーニング用品で売ってます。
スポーツジムなんかでも結構置いてますね。

こんにちは
おかげさまで、毎日何かしら発見はあるのですが、
目に見えて変わるようになるのは、難しいですね。
『背骨の傾きと同じ頭の傾きで、その傾きに対して水平に肩を回す』
コレを気にしていたら、今度は右脚が動いていましたv-40

腹斜筋主体でクラブがあがってくるようにならないといけませんね。
今日は、ラウンド前にこの記事を読んでいたのですが
頭の傾きと右脚を動かさないように注意するので精一杯。
あとは、ゆっくり~とだけしか考えられませんでしたv-8

しなきゃ~いけないこと満載でとっても楽しいデスv-82
ありがとうございます♪

Re:和歌虎 さんお疲れ様でした!!

ゴルキチ さん

こんばんは!

いつも丁寧なコメント返信ありがとうございます。

>ダボを減らし、トリプルを無くす。トリは最悪で一個。
>で、その日の成績は良いホールが何個あったかですね。
良いアドバスは本当に納得させられます。

芝からのアプローチは時間と場所の都合上1週間に一回程度で
100球前後しか出来ませんが少しずつ効果が出ています。
本当は集中して1000球出来ればいいのですが・・・

練習・ラウンドと少しでもゴルフのレベルが上がるように
頑張っていきます。

今後もよろしくお願いします。
(記事&コメント共に)

和歌虎 さんお疲れ様でした!!Re: タイトルなし

> 「全ての悪い状況を逆に成長の為のチャンスだと喜びましょう」を
> 何度も何度も自分に言い聞かせてのラウンドでした。

トータルのストロークは考えないほうが良いと思います。
ホールごとにベストを尽くす。
ダボを減らし、トリプルを無くす。トリは最悪で一個。
で、その日の成績は良いホールが何個あったかですね。
まぐれバーディーやラッキーでトータルスコアが良くなっても意味がないですから。
マッチプレーの方が集中力が維持できます。

結構、最初の2ホールで叩く事が多いです。すると期待が大きいとショックも大きいです。
中部銀次郎さんの「平均の法則」があります。
悪い事は最初に起こるか、後に起こるかだけの差で1日ならすと結局実力通りと。
これを思い出して、うみを先に出したんだ、と思えば少しは助かります。

> (でもやはり心の奥には不安と恐怖のもう一人の自分が居ましたねぇ)

あっちはOB、こっちも林というネガティブな思考はルーティーンの最初だけ。
素振りの時は、狙ったところにイメージ通りの球が100%行くと思い切ること。
この思い切りはこれからの訓練ですね。
そして失敗してOBでも何も言わないで他人事の様に平然としていることが大事です。
練習ラウンドで膿が出せて良かったと思えば良いのです。
そしてOBの打ち直しから数えてパーを取れば非常に価値あるプレーになるのですから。

> ミスショットで多かったのは練習場と同じでドフックですねぇ
> 後は全体的に球筋が高いような感じでした。

いきなりのドフックは結構ヘッドアップが多いです。
前傾、頭が起きると軌道がインに入りますよね。

> パットは醜すぎ! ポジティブ趣向もまったく効き目なし
> 練習(努力)が足らん・仕方が悪い センスが無さすぎ 

パッティングはひたすら2mの部屋錬でこれだけやったと言う自信をつけて、
練習場で20,15,10,5ヤードの距離感ですね。
3パットしないように。
それと一度構えたら後は距離感だけ。
3パットは距離感のミスですから。

素振りの再現の練習は絶対芝で1,000本アプローチですね。500でも300でも良いです。
ひたすら続けると不安なく無心で素振りを再現できるようになります。
本番だけちょっとしっかりとかは絶対にダメ。全く同じで、何もかんがえずに無心で。
それが出来る様になるとショットでも同様にできるようになりますよ!!

18ホールは長いですからトータルスコアは結局運なんですよ。
だから実力なら各ホールの出来ですよ!!
プロだって4日間でみたらベストとワーストで10打違いはざらでしょ。
トータルスコアだけで考えたら一喜一憂するだけになって
本当に重要な事を見失います。

いきなりハンデ15くらいの人が一気にシングル入りする事も良くあります。
これは技術ではなく、心理的な何かが変わったとしか思えません。
だから誰でもとんでもなく変わる事が出来るんですよ。
ただそれは普通のアマが誰でもやっている事ではないことは確かですね。

ゴルキチさん

こんにちは!

昨日のラウンド報告です。(初の80台を目指して)
スコア96(45)v-292現状での平均スコアでした。

ショットに関してはそこそこ満足の行く内容でした。(自分なりに・・・)
ターゲット・球筋イメージから素振りそして素振りの再現で
ミスを恐れずにトラブルに成ったとしても
「全ての悪い状況を逆に成長の為のチャンスだと喜びましょう」を
何度も何度も自分に言い聞かせてのラウンドでした。
(でもやはり心の奥には不安と恐怖のもう一人の自分が居ましたねぇ)
ミスショットで多かったのは練習場と同じでドフックですねぇ
後は全体的に球筋が高いような感じでした。

パットは醜すぎ! ポジティブ趣向もまったく効き目なし
練習(努力)が足らん・仕方が悪い センスが無さすぎ その他
もうなんとも言えません・・・

早速、その場で来週のエントリーをしてきました。
さぁ~これから1週間練習を積み重ねます。

自分的なしょうもない内容で長々と失礼しました。

スコアメイクさん あ、かぶりましたね。Re: タイトルなし

> 田原プロは 背面打ち

そう、背面うちの元祖ですよ。

> 右ひじは フライングエルボーのような使い方のほうが、直線的にボールに力が伝えやすいですね。
> 往年のプロはそういう打ち方で、
> 長く活躍していますね。

坂田プロがそうですね。
ジュニアでは絶大な成功を修めています。
ただ、一般アマはフライングエルボーだとクロスするので戻すのが困難だと思います。
かなり熟練されていれば別なのでしょうが・・・。
今は右肘は真下向きが簡単でシンプルなのでプロもフラットでコンパクトなトップを取り入れていますね。タイガー、ミケルソンも変えましたね。

> 歳を取っても、身体を上手く使い、
> 長くゴルフを楽しみことが出来ることが
> 大事ですね!!

その通りですね。私は感謝して楽しむと言う事を忘れていたようです。
それがないと上達しないと良く分かりました。

> ゴルフはその人なりに
> いろんな打ち方があって、本当に
> 楽しく奥が深いですね。

奥が深すぎます(笑
プロも死にそうに悩んでますからね(笑
スコアメイクも本当に人それぞれですね。
やはり自分よりも上級者と回らないとなかなか現状打開は難しいです。

これからはどんどん上級者と積極的にラウンドします。

ありがとうございました。

良く理解出来ますね。

田原プロは 背面打ちという
身体ごと背中をターゲット方向に向けて
打たせるレッスンされているようで、
背中周りの 筋肉の使い方の解説として
良くわかりました。

背面打ちってことは、
右ひじは フライングエルボーのような使い方のほうが、直線的にボールに力が伝えやすいですね。
往年のプロはそういう打ち方で、
長く活躍していますね。

歳を取っても、身体を上手く使い、
長くゴルフを楽しみことが出来ることが
大事ですね!!

ゴルフはその人なりに
いろんな打ち方があって、本当に
楽しく奥が深いですね。

参考になります。



EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR