ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

パターで両手首を下に折る

 「ゴルフは80%までがメンタルサイドのゲームだ」

ストロークプレーはかなりメンタルの強さが勝負です。

特にパターにおいては技術以上に精神力、集中力が重要です。

プロでも2mのカップイン率は50%以下と言われます。

それを肝心な場面でガンガン入れるプロと、そうでないプロと

果たしてたった2mでどれだけ技術的な差があるでしょうか。



アマは長いクラブの練習が多くなります。

長いクラブで飛ばすことはレンジでもやはり快感ですし、

ラウンドでもドライバーの成否のスコアへの影響は小さくないです。


しかし、確実にストロークを左右するのはショートゲームです。

ティーショットのミスも十分補えます。

アプローチでカバーできればティーショットの考え方も変わります。

どちらにせよハンデが減るほど、年を重ねるほど、

ショートゲームの比重が嫌でも高まります。


アプローチの練習はショットの種類もライも様々あって

まだ楽しいのですが、パターはどうやっても面白くない。

ストレスと腰痛だけで快感など殆ど有りはしない。

パターだけなら面白さはゲートボール以下でしょう。

ひたすら2mの部屋練も毎日継続はかなり苦痛。

でもやるしかないですよね。

やらない限り確実にストロークは頭打ちで、

むかつくライバルとの差は広がるばかり・・・。

減点ゲームですから日頃から地道な人が最後に笑います。



パターはメンタルなので結局は自信を付けるしか道はない。

毎日の部屋練で自分に合ったフォーム、癖を研究し、

ショートパットの自信を付け、

練習場で5、10、15、20mの距離感を養わなければ

3パットで恥をかき続けます。

本番での緊張状態でも平常心でパットが再現できる自信をつけねば。


例えば、これで数%でもカップインの可能が高まるかも。

パター手首 6

これは通常の構えよりハンドアップにしてシャフトを立て、

パターを吊る様に手首に角度をつけます。

すると手首の動きがかなり限定されます。

グリップの角度を変えればライ角は調整できます。

当然合わない人もいるでしょうが、

トライする価値は十分にありますよ。

私はこれで手首の動きがかなり減って「狙える」と実感できます。

ボールポジションも真ん中近くより普通に左めに変えました。

この試行錯誤が毎日のパター練習ですよね。


ちなみに私はパターのライ角を71度から75度に立てています。

違和感無く構えられるなら、長尺が方向性で有利なように

シャフトは垂直に近い方が方向性を出すには有利です。

実際、ライ角は80度以下という規制で制限されています。

90度の長尺だとあまりにも簡単になっちゃうからでしょうね。


以前も書きましたが、両片手打ちも必須ですね。


100歳までゴルフ人生長いですからこつこつ行きましょうか。
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR