ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

インパクトゾーンでグリップを加速する

 最近の一連の記事の続きで非常に重要な問題ですが、

ハンドファーストで打つためには

インパクトゾーンでグリップをしっかり加速させる必要があります。

殆どのアマが出来ていない致命的な欠点と言えるかも・・・。


下図の様にH/S=ヘッドの速度V1+グリップスピードV2になる。

きっちりビハインドザボールが出来て、スウェイしなければ

ローテーションは意図した位置で自然に起きます。

仮想ボール 2

ローテーションはヘッドスピードが上がってグリップを

追い越すことで自然に起きます。

あくまで、ローテーションがきちんとできる範囲ですが、

左グリップのスピードを上げた方がハンドレイト、

ダフリのミスが大きく減ります。



実際問題、

グリップスピードが上がってもH/SもV1+V2に上がる

ので理論上、力まなければローテーションには関係ありません


が。


グリップスピードを上げられれば、

低く長いダウンブローが容易になり、ダフリに寛容になり、

ターフもしっかり取れ、ヘッドの抜けが良くなります。


H/Sを上げるために力任せにグリップスピードを上げる訳ではありません。

V2のアップなどV1と比較したら全くビビたるものです。

力んだらただV1が確実に大幅に落ちるだけです。

「球を意識して減速しないで、

球のずっと先までグリップを加速し続ける」


と言う事です。

この時、意識するのは仮想ボールで、本物のボールとヘッド

ではありません。より体に近いグリップです。


実物の球とヘッドを意識を集中するとインパクトが必ず「点」

になるからです。



 以上が理解できれば、

「右腕が伸びきらない、左に乗り切れない理由」

が分かって来ると思います。
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

Re: リュウ さんはじめまして!!Re: タイトルなし

>次に、球を打つにもローテーションにも右肘は使いません。手首ではなく右肘を体近くでかなり先行させる感覚だけです。この時右肩は絶対に落さない。
ヘッドを引っ張るのはグリップです。グリップを動かすのは主に捻転と重力です。
ヘッドを振るのは重力、遠心力とコックのリリース、フェースローテーションは腕の捻転、慣性とビハンドザボールです。
理屈がわかれば、段階を追ってどんどん進歩していくと思います。


本日も練習にいったところ(というか毎日・・^^;)、やはり今までとは全く違う打感に嬉々としております。
現時点では、HWDやや手前から右前腕が右脇腹を擦りながら左足前方めがけて右肘を伸ばして
(能動的に使っている感じ)低く長くパンチする感覚で、右肘が先行している感覚はありません。

正しくは右肘はさらに先行するものであり能動的に使うものではないということですね。
その辺をイメージしながら、段階を追って手の使い方の上達を目指していきたいと思います。


>私には付き合いが長い先生が3人いますが、本当に信用するレッスン書もプロもゼロです。
だから日々こんなことを書いているのですが結局は自分の為に書いています。
一生ゴルフを続けていきます。目標はやる限りはスクラッチですよね。
誰でもあきらめない限り絶対に不可能ではありません。
ご一緒にやりましょうよ!!


現在ゴルフを始めて2年経過しようとしてますが、下手なクセは付けたくないと初期の段階から
インドアのスクールに通いました。
そこでは「ひたすら先に腰を回せ」のレッスンで、腰を回すスイングが出来てきたと言われてきたころで、
たまたま別の場所で他のプロにスイングを見てもらう機会があったところ、今度は「腰使いすぎ(笑)。
そんなに腰も足も使っちゃダメ。腰回しちゃダメで体右に向けたまま手から振りなさい」と自分的には
全く真逆の事を言われた感じがし混乱した記憶があります。混乱した挙句、その「手から」のプロが
真理を言っていると思い、現在もたまにスイングを見てもらっているところです。

この事で、本当スイングは人それぞれなんだな~と思いました。ただ、もしかしたら、
教え方が違うだけで終着点は近いものだったのかも知れませんが・・。
まあ今の僕では全然分かりません(笑)

ともあれ、本当にゴルフは楽しいです。
スイングを研究し、上達を目指して行きたいと思います!

おっさん さんどうもです!!Re: 加速とテンポ

> 手首の方も回復に向かっているようですが決して無理は禁物ですよ。

10/1以降もう球打ってないですよ。
禁断症状が・・・・。
月例もキャンセルしました(涙

> バランスディスク腰に良いですね。
> 適当に全身運動になるのか、特に腹筋が適度に動いているのが良く分かります。
> 実際ハーフショットで打っていますが、シッカリと股関節が使えています。

土台を安定させて腕をしっかり振る感覚が分かりますよね。
体と腕の分離が分かります。

> ところでグリップススピードの件ですが、ちょとビックリしました。
> 加速中にインパクトを迎えるために何処までユックリとグリップを動かせるか。
> 急加速でもまずいし以前書かれていましたシャフトの撓りや、固有のテンポの話と繋がっているのでしょうか。

繋がっています。
読者の一人のスイング改造なのですが

1、右腕を伸ばしきる
2、左に乗り切る
3、グリップ、体を浮かせないで重心を低く維持する
4、コックを維持する

そのためにはどう説明したら良いのか考えていたら
「グリップを減速しているかも」と思ったのです。
リリースが早いことともこれでかなり根本的に改善できると思います。

トップから重力を感じてゆったりと落とし続け、ずーっと加速して行きます。
クラブが物凄く重い感じで。

> これなら何とか理解できるような気がします。
> 落ち着いて振っている割りに、インパクト以降ヘッドが走る感覚があります。

ローテーションの点で振り遅れなければグリップは減速しないほうが良いですね。

> 以前にも書きました捜し求めていたスイングです。
> 脱力した手振りでインパクト以降ヘッドを走らせる。
> 再現性があるのですが。
>
> 的外れかな。

いや、間違っていないと思いますよ。
手首も年ですかね?
嫌ですね。

暇なんで最近中部銀次郎さん、また8冊全部読みました。
痛いとこ突きますよね。

「人より飛ばしたいと思うのは虚栄」
「かっこよく、きれいに、見てくれ良くなんて虚栄・・・」
「虚栄に克つには心の訓練以外にない」

ゴルフを考え直しますわ。

タイガーカムバック さんどうもです!!Re: 頭で理解するのは難しい(苦笑

> ハンドファストでインパクトすることは良いとして、グリップスピードも上げるというのが疑問です(苦笑

そういうレッスンないですからね。
なかなか言い難いですね。何で誰も言わないんだろう???
でもやっぱりそうなんですよ。
グリップは減速しないです。

> >ローテーションはヘッドスピードが上がってグリップを追い越すことで自然に起きます。
>
> 左グリップは赤色の仮想球まで加速して、そこから左手首や左肘のリコックが始まれば良いのでしょうか?

仮想球まで加速するならもっと先まで加速する意識じゃないと必ず無意識にブレーキかけちゃいますよ。
球が余計なんですよ。どうしても球がターゲットになっちゃうのでずっと先まで振った方が良いです。

リコックは私自身も思いますが変な誤解を招く表現だったと思います。
忘れてください。
リコックという言葉は一般的ではなく正式な定義はないす。
私がリコックで意図したことは、「コック多用のアンコック、リリース」みたいな感じです。
小田孔明プロの様に、コックを多用する方はフォローでシャフトが立つのが早いです。
これは良い、悪いは全くなくスイング次第ですね。

コックを多用してシャフトが立つ分には問題ないのですが、
リリースが早い人がさらに意識的にシャフトを立てようとすると更にリリースが早くなります。
そしてインパクトゾーンが短くなり低く長く押すことと正反対になります。
また、スイングアークを小さくして角速度を上げるという理屈は実は全く逆だと思います。
グリップは速い方が角速度も上がります。これは技術的問題も関係しますが。
なぜならグリップの速度とローテーションは関係ないからです。

ただ、ローテーションがしっかり出来ないと実際振り遅れます。
そういう方はグリップスピードを落す必要性があります。
しかし、グリップスピードを落としたほうがスイングは難しくなると思います。
だから、上手い人の方が簡単なスイングでゴルフをしているということがいえます。

今回の記事が答えです。どうでしょうか?
またコメントお待ち質ますね!!

リュウ さんはじめまして!!Re: タイトルなし

> あまりの感動に書かせていただきます。

有り難うございます。でもそんな期待しないで下さいね。そのうちがっかりしますから。

>私のスイングはHWDから右手首を使ってボール一点めがけて打つという、タイミングが合えばナイスショット、タイミングが外れるとダフり、引っ掛け・コスリ、あげくの果てはシャンク・・というものでした。いくら練習してもいい日悪い日のムラが多く進歩しない毎日、半ば嫌気がさす今日この頃。自分が再現性の低いスイングをしている自覚はあり「再現性の高いダウンブローが打てるようになりたい!」と常々思い自分なりに調べはしてみるものの、今ひとつ分かるものがありませんでした。しかし、このブログを発見しゴルキチさんのおっしゃる「HWDで左手首を支点に右肘を使って右前腕を押し出す。目標はボール前方45度」という部分を先ほど早速練習場で試してみたところ・・本当に目から鱗が落ちるかと思いました。今までの自分のショットは何だったのか!?打球音・打感が全く違う!ダフらない!何よりショットの確率が全然違う!!正しいのかは分かりませんが、ドライバーなんかはインパクトの時にシャフトにバネでも入っているような今まで感じたことのない感覚もありました。

やはり段階がありますね。
取り合えず手首の強いスナップをやめて右肘リード(本当は肘で振るのではなく、肘を先に行かせ絶対に手首先行の意識を無くす事ですがでも手首の動きが収まればまずは良しです)
にします。実は手首のスナップの感覚も必要だと思いますが、かなり受動的な使い方になります。

手首のスナップで球を叩く感覚は非常にまずいです。ヘッドが先行し打点がバラバラになります。しかもスナップの方が確実に角速度より遅い!使えば使うほどH/Sは落ちます。それ程H/Sは速いからです。
スナップを使うとH/Sが上がるという感覚は全くの錯覚です。

次に、球を打つにもローテーションにも右肘は使いません。手首ではなく右肘を体近くでかなり先行させる感覚だけです。この時右肩は絶対に落さない。
ヘッドを引っ張るのはグリップです。グリップを動かすのは主に捻転と重力です。
ヘッドを振るのは重力、遠心力とコックのリリース、フェースローテーションは腕の捻転、慣性とビハンドザボールです。

理屈がわかれば、段階を追ってどんどん進歩していくと思います。

>最初から熟読させていただき、これからゴルキチさん理論を色々取り入れていきたいと思います。またコメントさせていただきます。

私自身もどんどん変わっていますので昔の記事とは相違点も多々あります。
スイングの感覚を表現することが異常に難しいこと、
書くことに慣れていないことで、どんどん表現を変えたり、追加したりしています。

分からない事があったら何でも質問して下さい。
ブログは掲示板と違って全く一方通行です。
皆さんのコメント、意見、質問がないと私も書けないんです。
書いていることはかなり質問や悩みに対する私なりの回答が多いです。
独断的な書き方も問題あるかと思いますが、読まれる皆様が取捨選択して下さい。

スイングに「絶対」は1つもありません。ツアープロでさえも。
自分に合ったスイングは自分で見つけるしかありません。
これは確実にそうです。自分以外誰にも分かりません。
だから今活躍しているプロは親が育てたプロが多いです。
結局、一生その人のスイングを見ているのは親と自分だけなんです。

自分自身は変わらないようでも常に日々どんどん変わっています。
スイングも、パワーも、体力も、体重も、レベルも、道具も、知識も、考え方も、攻め方も、
メインのコースも全て変わっていきます。
本を一冊読み終えればもう変わっています。

私には付き合いが長い先生が3人いますが、本当に信用するレッスン書もプロもゼロです。
だから日々こんなことを書いているのですが結局は自分の為に書いています。

一生ゴルフを続けていきます。目標はやる限りはスクラッチですよね。
誰でもあきらめない限り絶対に不可能ではありません。
ご一緒にやりましょうよ!!

加速とテンポ

こんにちは。

手首の方も回復に向かっているようですが決して無理は禁物ですよ。

バランスディスク腰に良いですね。
適当に全身運動になるのか、特に腹筋が適度に動いているのが良く分かります。
実際ハーフショットで打っていますが、シッカリと股関節が使えています。

ところでグリップススピードの件ですが、ちょとビックリしました。
加速中にインパクトを迎えるために何処までユックリとグリップを動かせるか。
急加速でもまずいし以前書かれていましたシャフトの撓りや、固有のテンポの話と繋がっているのでしょうか。

これなら何とか理解できるような気がします。
落ち着いて振っている割りに、インパクト以降ヘッドが走る感覚があります。

以前にも書きました捜し求めていたスイングです。
脱力した手振りでインパクト以降ヘッドを走らせる。
再現性があるのですが。

的外れかな。

頭で理解するのは難しい(苦笑

おひさしぶりです。
ハンドファストでインパクトすることは良いとして、グリップスピードも上げるというのが疑問です(苦笑

>ローテーションはヘッドスピードが上がってグリップを追い越すことで自然に起きます。

左グリップは赤色の仮想球まで加速して、そこから左手首や左肘のリコックが始まれば良いのでしょうか?
それなら最近お疲れモードの僕の頭もうなずくかも???

はじめまして。リュウと申します。本記事とは関係ないですが、昨日からこちらのブログを読ませていただいており、あまりの感動に書かせていただきます。私のスイングはHWDから右手首を使ってボール一点めがけて打つという、タイミングが合えばナイスショット、タイミングが外れるとダフり、引っ掛け・コスリ、あげくの果てはシャンク・・というものでした。いくら練習してもいい日悪い日のムラが多く進歩しない毎日、半ば嫌気がさす今日この頃。自分が再現性の低いスイングをしている自覚はあり「再現性の高いダウンブローが打てるようになりたい!」と常々思い自分なりに調べはしてみるものの、今ひとつ分かるものがありませんでした。しかし、このブログを発見しゴルキチさんのおっしゃる「HWDで左手首を支点に右肘を使って右前腕を押し出す。目標はボール前方45度」という部分を先ほど早速練習場で試してみたところ・・本当に目から鱗が落ちるかと思いました。今までの自分のショットは何だったのか!?打球音・打感が全く違う!ダフらない!何よりショットの確率が全然違う!!正しいのかは分かりませんが、ドライバーなんかはインパクトの時にシャフトにバネでも入っているような今まで感じたことのない感覚もありました。このような素晴らしいレッスンを書いてくださり本当に有難うございます。最初から熟読させていただき、これからゴルキチさん理論を色々取り入れていきたいと思います。またコメントさせていただきます。

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR