ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

突っ込まない、被らない最善の方法

 突っ込まない、被らない最善の方法は右腕を伸ばすことです。

伸ばすといってもあくまで、左リード、クラブリードがあって

初めて右腕を伸ばしていきます。


これはショットでも、パターでも全く同じ。

特にパッティングの最大の失敗原因は頭の突っ込み、

右肩の被り
なので、これだけでストロークは間違いなく

飛躍的に伸びるでしょう。


以前、娘の「右肩の被り・下がり」を治した時に1日で治りましたが、

処方箋は

1、利き手の右腕でなく、左手の外側の甲でボールを払い打つ

2、すると体は必ず球に正対する事を理解、体感、納得、反復させた

3、アドレスで右腕を伸ばして右肩から球の距離を計り、

インパクトで右腕を伸ばしてアドレスを再現する。


以上で、30分程で全く見違えるスイングに変わりました。

本人も大きな変化に、かなり驚いて満足していましたが、

そもそもゴルフは簡単だと思い込んでいます。

子供は処方箋の良い人体実験になりますね。


右腕を伸ばす意識があれば、

「突っ込んだらダフって球に当たらない」

と体が反応するので、腕が伸びきるまでは

体は突っ込まず、肩も被ったり、下がったりしません。



パターで右腕を伸ばす時の面白いイメージは、

スパットに対して振るのではなくヘッドを移動させる感覚です。

ショートパットをビビッて振リ切れない方は

意識改革として効果あるかも。

右腕が伸びないから、右サイドが突っ込んで、右肩が被ります。



お試しあれ。
スポンサーサイト
THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR