FC2ブログ
ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。ゴルフ場を運営、日本のゴルフ業界を改革し、グローバルゴルフ事業に進出します!!よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

逆しなり 3


まずは

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

さてさてさーて、

最も重要なことは、二つの回転のスピードです。
グリップを軸にするシャフトの回転速度、すなわちヘッドスピードを上げるためには、体幹を軸とするグリップ=手の回転速度を遅くする必要があるのです。

ゆっくり振ってるのに飛ぶ、普通変ですよね。
そのからくりがこれです。
ヘッドと手の速度の関係の勘違いですね。

手をゆっくり振ると、ヘッドは逆に高速に走ります。
手が速過ぎるとヘッドは走りません。
理屈が分かったら、あとはタイミングの問題です。


ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく

☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく


逆しなりで打つ 2


まずは

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

さてさてさーて、

逆撓りは 「 二つの回転 」 を意識して制御する必要があります。
1つは、グリップを軸にするシャフトの縦回転、
2つめは、体幹を軸にする通常の回転、
この2つの軸回転を同時に意識し、制御して初めて逆しなりを意識的に利用できます。


ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく

☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく


THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

逆しなりで打つ 1


まずは

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

さてさてさーて、

遅くなりましたが、
長期シャフト試打、比較の結果、文句なしでN.S.PRO MODUS3 TOUR105 圧勝という結論に達しました。
もうDGS200は一生用無しになりました。
今回は、自信をもって言い切れますよ(笑

その他のクラブもパターを除いて、
58度からドライバーまで全て前回記事までの通り軽くしました。
そして完全に軽さに慣れ、軽さのメリットを確実に実感しました。
DGS200は、もう使えないです、あらゆる点で。
皆さんも、どんどん試してみて下さい。
明らかに技術の進歩の賜物ですね。


で、今日は逆撓り(しなり)を意識して打つがテーマです。
これもこのブログの10年間で何度か触れているテーマです。
今、会社の後輩にゴルフを仕込んでいます(笑
焦らず、自ら楽しんでやるようにしていますが、

「逆撓りを利用して打つ」


これを早いうちに掴むことができれば間違いなく飛躍的に伸びます。

タメを作るとか、待つとか、しなりを感じるとか様々な抽象的なレッスンがありますが、
結局は「逆撓り」を体感し、論理的に理解しないとタメや待つことなどほぼ不可能です。

プロとアマの飛距離の違いは何処にあるのか、
ゆったり振っているのに、飛んで、しかも遥かに精度も高い、その差は何処にあるのか?
皆さん、その差を痛切に感じますよね。
理由はセンスと練習量だけではありませんよ。

その差は、「逆撓りの利用」 にあります。
逆撓りなら加速したヘッドをさらに安定して加速できます。
しかし、ほぼすべてのアマは逆撓りを利用しないので、シャフトが自力で加速する前にヘッドを無理やり力で振っているのです。
最も大事なシャフトを全く利用していないのです。
逆撓りを意識しない限り、どんなに練習しても限界は見えています。

では、逆撓りを使う方法は、簡単に言ってしまえば
右側でクラブを縦に回してからインパクトするだけの事なのですが、
殆どのアマはインパクト手前で回し切れていません。
だからインパクト前後のヘッドの挙動を完璧に制御出来ません。
逆しなりでは、ヘッドがレベルに動くのを感知し、更にライン出しできます。
その辺は、徐々に解説していきますね


ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく

☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく


THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

スリクソン Z765 アイアン セットMODUS 105買っちゃった!!


まずは

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

さてさてさーて、

ジャジャジャーン!!
あささん、以前の記事ハッタリじゃないすよ(笑
またまたちゃんと自腹で買いましたからね!
N.S.PRO MODUS3 TOUR105!!
スリクソン Z765 アイアン
あれ?
また765かいって?
いやー、懲りずにまた765いっちゃいましたわ。
やっぱり完成度高いですからね。
前回はDGS200でしたので、今回は全くの別物です。
シャフトで全く性格が変わりますからね。
特に105は多少慣れは必要ですが劇的に変わります。

20170905005153e23.jpg

当然ライ角、ロフトは購入時に毎回クラフトマンに完璧にチェック、修正して頂きます。私はいつも標準角です。
スリクソンはかなり製造精度高いですが、カスタムメイドでも複数確実に若干はズレてますね。三浦位ですかね、完璧なのは。
調整料は1本500円程度なので絶対に毎回やるべきですよ。
ちゃんとタオル巻けば傷はつきませんし。

IMG_20170904_220923_convert_20170904223303.jpg

実はパター、ウェジ以外4I以上も全取っ替えですわ(笑
3I,4I,UT,5W,3W,1Wも6本全部カスタムです。
この一年間で間違いなくクラブ100本以上買ってますね(笑
実は同時にMODUS125のアイアンセットも買ってます。
実際にコースでじっくり納得いくまで比べたいので。

IMG_20170904_221234_convert_20170904223114.jpg

まー、私なんか『クラブ中毒症患者』ですからねー。
マジで。
ほぼ毎週、何でもいいから自分でなんか買ってコースで試さずにはいられないんですわ。

でも、まーシャフトも様々試して遠回りもしましたが、
やっぱり、モーダス105がベストですかね
ジジイになったから軽量化じゃなくて、
圧倒的なシャフト全体の進化+球の進化への適応ですね。

ミズノMP-66は10ラウンド程度で売り払いました。
DGにしたことも失敗でしたが、
ロングアイアンが妙に捕まりすぎで明らかに連続性に違和感と和顔のネックが変に曲げ過ぎで気持ち悪いすね。
ピッチング余りに四角過ぎだし(笑
MP-15か、もしくは今度のNewモデルのミズノProがいいですね。
ただミズノは迷走気味じゃないかな。
今までの頑なまでのトップアマ志向の個性をなんとか維持しつつも、一般大衆マーケットも同時に取り込もうとしたMP-66は結局どっちつかずの違和感大ですね。全くミズノらしくない。

今度別のクラブとラウンド試打結果報告します。

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく

☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく


THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

胸を右に向けてインパクトする簡単な方法


まずは

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

さてさてさーて、

プロに大人気のモーダス125と105のアイアンをコースで本格的に試したくて、またまたアイアン2セット買っちゃいました。
結果は後日報告です。
やっぱり性能的にもDGの時代はどのみち終わりですからね。
今後は高品質の日本シャフトのモーダス125か105あたりが間違いなく主流になるのでしょうね。

では、分かり易く胸を右に向けてインパクトする簡単な方法ですが、アドレス時にターゲット方向ではなく、ターゲットの正反対を胸ごと向けて見て、同時に左肩を下げます。
するとアドレス時から下半身との捻転がかなり出来ます。

普通ターゲットをよく見る程、顔も胸も必ず左を向きます。
捻転ゼロですし、右肩落ちて、肩が開きます。
最悪のパターンですが、90%以上のアマが確実にそうなってます。

この時点で既に振り遅れを自ら作ってる訳ですね。
ここから手だけでヒョイとテークバックすると、
更に振り遅れの上塗りです。捻転もできません。

その上更にトップから一気に球を打ちにいくと、
ヘッドが降りる前に体の回転だけ先行して開きます。
すると益々ヘッドは振り遅れるので、無理に腕力でクラブを引っ張りおろすしかないので右腕が力みます。力むと必ず右腕も右手首も延びるので、右脇が開いて、アウトサイドイン軌道かつ、毎回バラッバラな軌道になりますよね。
恐ろしい諸悪の負の連鎖になりますね。
こうなると部分的に対症療法したところで全く治りませんよね。大抵のアマチュアが実際そういう状況ですが。

兎に角、アドレスしたら飛球方向の目標の確認した後に、逆に正反対に顔も胸も向けて下さい。そして下半身と上体の捻転を結構感じられたら正解ですわ。
テークバックも体の回転からです。腕は体の後のイメージです。取り敢えず、その辺の理屈が解ればスイング修正は遥かに簡単ですよ。

これが『上から打つ』絶対的な鉄則であり、ダブリ、トップ、アッパースイング、スライス、飛距離不足撲滅のためのまず最初の根本的修正方法ですね。試してみて下さいね!

ダウンブローの時代ではなく、レベルブローが正確とよく言われますが、そもそもダウンブローが出来ない人にレベルブローも100%無理っす!!
単に程度の問題なので。
しかし、ダウンブローがきっちりできないと左下がり、前下がりや、ディポット、裸地、深いラフも、バンカーも、激スピンも絶対無理っす。


ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく

☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく


THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |
YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR