ゴルキチです 宜しく!!

ゴルキチ 

Author: ゴルキチ
超ゴルフ狂。横峯さくら 父娘が理想です。世界ランクゴルファーを目指し、13歳の娘を特訓中。よろしくね!

お蔭様で1日3,497人!!達成
質疑応答コメント待ってます
全記事表示リンク
最新記事 30

「 間 」と「 肩の開き 」は鶏と卵の関係 3


まずは

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

さてさてさーて、

「 間 」 の不足は 結果として 「 肩の開き 」 に現れます。
間ができない=待てない、のでインパクト前に肩が開いてしまいます。
すると右肩が落ち、ダウンブローは不可能になります。
逆に、間が出来て、腕の落下を待てれば肩は開きません。

肩が開く、と当然右肩が大きく下がってからインパクトになるので
必ず最下点が球の手前になり、多かれ少なかれ必ずダフって、かつアッパースイングになります。
殆どの方はダフッてからアッパー軌道で球を打っていますよね。
本人はその根本的原因に気付いてない方が殆どです。
インパクトの音で即分かりますが、その音を出せる人がめったにいないので、自分では分からないと思います。

肩の開きは確実に致命的と言えます。
何十年練習してもダウンブローでなければ死ぬまでまともな球など絶対に打てません。
払い打ちもシャローなダウンブローですよ。
肩が閉じたままの状態、左肩が上がらず胸が右向いてインパクトできれば
最下点が球の先になり勝手にダウンブローでダイレクトに球にインパクトしてからターフがとれます。
従って芝がハゲた所からのアプローチでも全く関係ない訳です。
ダウンブロー=胸が右向いてインパクトです。
コツが分かれば割と直ぐに出来て定着出来ます。
それが出来なければゴルフは始まりませんよ。


ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく

☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく


THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

引っ張り下ろさないで 『 間 』 をつくる超簡単な方法 2


まずは

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

さてさてさーて、

その超効果的な方法とは・・・・

それは引っ張り下ろすことが不可能なグリップと右肘を曲げたままで力まずインパクトです。

まず、引っ張り下ろせないグリップとは、一次的なのですが
グラグラ、ゆるゆる、スカッスカの隙間だらけのグリップのまま振ります。
すると普通皆さん大幅に振り遅れます。
絶対に指でクラブを操作しないで下さいね。

なぜ隙間だらけだと振り遅れるのか?
それは普段グリップを操作してクラブを走らせているからです。
だからいつまでたっても 「 間 」 が出来ません。

グラグラのままひたすら打ち続けると、
仕方ないのでクラブが落ちてくるのを胸が右向いたままで止めたまま
腕が落ちてくるのを待つことを覚えます。

胸が右向いたまま打つコツは、右手のひらで球を打たないで、
左手甲で球を払うイメージです。
最初は途中で右グリップを離して左腕一本だけ振っていってもいいです。

待てると落ちてきたクラブが体の回転を追い越すことが分ります。
すると振り遅れが解消できます。
解消できたという事は待てた、という事です。
要するに間が出来たという事になります。
待つ感覚が分ったら落ちてきたクラブを徐々に押して加速させればいいのです

右肘は決して力まずに曲げたままインパクトです。
これは一時的ではなく常にそうですよね。
右肘はインパクト以降に勝手に伸びます。
自ら伸ばして球を叩いたらダメですね。
右腕で打つとそうなって失敗します。
右腕が力むと右肘は絶対に伸びます。
すると当然ダフリますよね。
伸ばせばダフります。

試してみて下さいね。
グリップと右肘。


ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく

☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく


THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

テーラーメイド M1 2017 Speeder 661 EvoⅢ 買っちゃいました


まずは

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

さてさてさーて、

エースドライバーの交代です。
左がM1の旧モデルで右がM1の2017の現行モデルです。
M2とキャロウェイのEPICが完全に人気を2分していますが、私はM2もEPICも軽すぎて使えません。

2017はまず見た目は白部分が非常にシャープに変身でナイスです。
見た目で大違いですね!
投影面積もシャローで大きくなり、フラットになりましたね。
大分カッコ良くなったでしょ!!

20170519005518043.jpg

最大の差は打感と球の食いつきの良さです。
旧M1は石ころを打っているようなゴツッという非常に異質で
不快な打感でしたが、
2017は驚くほど向上しました!!
進化といより全くの別物で、バシュッ、ビシッという高級な打感と音に変わりました。
旧モデルの様な硬さは全く無くなり、柔らかく球に喰いつく感触です。
マジで良いですわ。
ソールは左がNewモデルです。

20170519005520323.jpg

シャフトは上が2017モデル用のSpeeder 661 Evo.Ⅲで赤っぽく
下は旧モデル用の661 Evo.Ⅱですね。
EvoⅢの方が弾きが良く飛ぶと思います。
球のバラツキもないですね。

20170519005521dae.jpg

非常に低スピンの棒球が簡単に打ち易く、
文句なく方向性、飛距離共に過去最強のドライバーです。
更に、打感も音も大満足で、これだけ全てにおいて満足できるドライバーは初めてです。
M2の方が軽くて振り易くヘッドスピードは出ます。
打感もM2の方がさらに良く感じますが、
あまりに軽過ぎて手元が浮き易く、一発バカ当たりが出ても球が結構バラけます。
私にとってはM1の方が安定性が段違いで圧勝ですね。
プロが使っているM2は市販品とは全く別物だと思います。
試打してみる価値ありですよ。

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく

☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく


続きを読む

THEME:ゴルフ | GENRE:スポーツ |

『 間 』 飛ばしたくてもクラブを引っ張り下ろさない。その超簡単な方法 1


まずは

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく
☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく

さてさてさーて、

クラブは引っ張り下ろすものではありませんよ。
みんな切り替えしから一気に引っ張り下ろしていますが。
ほんの一瞬落ちてくるのを待ちます。
ほんの一瞬だけでとんでもなく変わります。
それが運命の分かれ目ですね。
「 間 」とは、それなんですよね。
一気に引っ張り下ろしたら間なんかできるわけがないですから。
ただ飛ばそう、加速させよう、とすると絶対待てないで引っ張り下ろします。

無理に引っ張り下ろしている人は、
そうしなければ、どうやったら加速できるのか?
と思うでしょう。
というかゴルフを始めた最初からそうなので、
何の疑いもなく自分は引っ張り下していない、
当然なことだと思い込んでいます。
スイングとはそういうものだと信じ込んでいます。
だって間を作れる人なんてアマでは殆どいないですからね。

それを誰でも超簡単に体感できる方法を見つけました!!
それはグリップのちょっとした変化ですがすぐに体感できます。
恐らく一回体感すると、かなりの方が本質に気が付く様な気がします。
いつも言っていますが強制リリース=アンコックって
無理やり引っ張り下ろしている証拠です。

それをしない方法とは、それが不可能なグリップがあるのです。
練習方法ですけどね。
それを友人の指導中に試して気が付きました。
あっさり友人が出来ちゃったんです。

どうやるかというと・・・・







それはまた次回です。
多くの悩める方も気が付くんじゃないかと思います。
ゴルフの革命かも!!

今日M1 2017のSpeeder661Evo3を買ってしまいました。
今のエースはM1 2016のおなじく661のEvoⅡで非常に気に入っているのですが。
試打では今のエースの方が方向性は圧倒的に良いですが、
音と打感は圧倒的にM12017の勝ちですね。
慣れの問題で直ぐに克服できると思いますので、
暫く両方でテストです。

M2は何度試打してもやっぱりダメですねー。
あまりに軽すぎて方向性も、飛距離もM1の圧勝ですね。
世間のM2人気は当てになりませんわ。シャフトのラインナップもいまいちですからね。
同様にEPICもM1と売り比べると全く話になりませんわ。
全てにおいてM1と比較すると作りがおもちゃっぽい。

軽過ぎるし、色がちゃちいし。

New M1 2017 で飛距離10Y くらい伸びないかな~。
最近思いつくことがあり、飛距離が飛躍的に伸びて、
全盛期にちびっと近づいたかな。

左腕、左サイドの強化に励んでいます!!

ここポチ、ポチ、ランキング応援宜しく

☟ ☟ ☟
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゴルフブログへランキング応援宜しく



YouTube Channel
ゴルキチビデオ集
見てみてね!!
人気ブログランキング
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索フォーム
 
月別アーカイブ
データ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR